06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「がんと一緒にゆっくりと―あらゆる療法をさまよって」絵門 ゆう子

2013/07/25
気功・温灸・食事療法から先端医学まで、全身のがんを治そうと手当たり次第に試して分かったことは-。元NHKアナウンサー・池田裕子が綴る、恐怖、涙、そして笑いが詰まった元気になる闘病記(「BOOK」データベースより)。

がんと一緒にゆっくりと―あらゆる療法をさまよって (新潮文庫)

民間療法は気になるけれど・・・。西洋医学とあんばい良く付き合っていこう。

スポンサーサイト
00:04 健康 | コメント(0) | トラックバック(0)

「白湯毒出し健康法 」「白湯ダイエット」

2012/11/22
アーユルヴェーダによると、白湯はドーシャ(水、火、風)のバランスの整った完全な飲み物、だそうです。最近、白湯健康法の本を2冊読みました。ポイントをちょいメモ。

1.ヤカン・鍋に水を入れ、強火にかける。
2.沸騰後、蓋をとり、湯気を出す。大きな泡がブクブク立つ程度(弱火)の火加減に。このとき、換気扇を回し、水にヴァータ(風)の性質を入れる。
3.約15分沸かし続ける。完成。

飲み方。
○ 朝起きて一番に飲む。
○ 食事中に飲む。体が重い人は食間にも。
○ 150ccを5~15分かけて飲む。
○ すするように飲む。
○ 量は1日700~800ml。それ以上だと、体内に必要な要素まで洗い流してしまう。
○ 白湯の温度は50~60度が最適。冷えを感じるときは、70~80度でもいい。
○ 冷めた白湯を、再度沸騰させてはいけない。ドーシャのバランスを崩す。

ここ3週間ほど、白湯を飲んでいます。
飲むと身体中がほどけていく感じ。落ち着きます。便秘対策に良いみたい。
ポットに置いて保温してもよいそうですが、やはり作り立てが美味しい。

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)      白湯ダイエット-カラダの声に耳を澄ましてますか? (祥伝社黄金文庫)

08:53 健康 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。