04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

"Charlie and the Chocolate Factory" Roald Dahl

2015/06/22
Willy Wonka's famous chocolate factory is opening at last!

But only five lucky children will be allowed inside. And the winners are: Augustus Gloop, an enormously fat boy whose hobby is eating; Veruca Salt, a spoiled-rotten brat whose parents are wrapped around her little finger; Violet Beauregarde, a dim-witted gum-chewer with the fastest jaws around; Mike Teavee, a toy pistol-toting gangster-in-training who is obsessed with television; and Charlie Bucket, Our Hero, a boy who is honest and kind, brave and true, and good and ready for the wildest time of his life!(Amazon)

Charlie and the Chocolate Factory

チョコレートやお菓子の描写が英語だとワクワクするのはなぜだろう。ただ、話そのものはけっこうエグい。わがままな子供たちへの仕打ちとか。

スポンサーサイト
22:14 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)

"Holes" by Louis Sachar

2014/08/06
Stanley Yelnats is under a curse. A curse that began with his no-good-dirty-rotten-pig-stealing-great-great-grandfather and has since followed generations of Yelnats. Now Stanley has been unjustly sent to a boys' detention center, Camp Green Lake, where the warden makes the boys "build character" by spending all day, every day, digging holes: five feet wide and five feet deep. It doesn't take long for Stanley to realize there's more than character improvement going on at Camp Green Lake. The boys are digging holes because the warden is looking for something. Stanley tries to dig up the truth in this inventive and darkly humorous tale of crime and punishment—and redemption.(背表紙)

Holes

伏線をちりばめた構成がこの本の醍醐味だと思うのだが、一度だけでは伏線の意味が分からずじまい。伏線をネットで確認し、再度読み直し。面白かった。

矯正施設とは名ばかりで、その実態は所長の宝探しのためのキャンプという設定だが、主人公は結果的に肉体的にも精神的にも矯正され成長。友情や昔のロマンスもからめて。"I can fix that."と言って"学校をあちこち修理してくれたSam。Katherineが"My heart is breaking"といったときも"I can fix that". キーワードはonionとpeach。

09:02 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)

「イギリス昔ばなし」Once upon a time in England

2014/06/18
ジャックと豆の木/私ほど強いものはない/3匹の子ブタ/3つの願い/親指トムの話/猟師/ゴールディロックスと3匹のクマ/ゴーダムの賢者たち/数の数え方/転がるチーズ/ヒツジを買ったら/ウィッティントンと猫/ものぐさジャック。

イギリス昔ばなし―Once upon a time in England 【講談社英語文庫】

衝撃的だったのは、"The Three Little Pigs"(「三匹の子豚」)。たしか、1番目、2番目の子豚は3番目の子豚の家に逃げ込んで、狼は3番目の子豚の家の暖炉で沸かしたお湯に落っこちて大火傷。そうして三匹は幸せに暮らしましたとさっていう話だったと思う。だけど、今回読んだ本だと、1番目、2番目の子豚は狼に食べられる。3番目の子豚は茹でた狼を林檎、カブと一緒に食べて、そうしてレンガの家の中で幸せに暮らしましたとさっていう話になってた。

"Jack and the Bbeanstalk"(「ジャックとマメの木」)とか、子供のころ親しんだ話がイギリスの昔話だったことに驚いたり。鼻にソーセージがひっつく"The Three Wishes"(「3つの願い」)とか。"Nothing is Stronger Than Me!"は「ネズミの嫁入り」にそっくりだ。講談社英語文庫。

08:24 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)

「小さなスプーンおばさん―Little old Mrs Pepperpot」 by Alf Proysen

2014/06/02
Whoever heard of an old woman becoming queen of the crows? Well, with the amazing Mrs Pepperpot anything can happen — and usually does — especially when she can shrink to a few inches high without a moment’s notice. These classic stories about the much-loved Mrs Pepperpot hold a timeless magic for young children everywhere(Amazon).

小さなスプーンおばさん―Little old Mrs Pepperpot【講談社英語文庫】

「スプーンおばさん」(原題だと『小さなコショウ入れおばさん』)はちゃっかりしていてあんまり好きじゃない。でも、それ以外のお話は結構楽しい。

自分を素敵だと思い込んでるジャガイモがあっさり豚の餌箱行きになった話とか、クリスマスイブに冒険したネズミが猫に見つかってしまうけれど、猫がイブに免じて見逃してくれる話とか、ネズミがぼろきれをおばあさんにもらう話とか。あと、蚊が上手に歌えるかおじさんに聴いてもらう話。手を叩いてくれたから一番ほめてもらえたって、本当はおじさんが蚊を叩き潰そうとしていただけ。

08:33 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)

"Pippi Longstocking" by Astrid Lindgre

2014/05/27
Tommy and his sister Annika have a new neighbor, and her name is Pippi Longstocking. She has crazy red pigtails, no parents to tell her what to do, a horse that lives on her porch, and a pet monkey named Mr. Nilsson. Whether Pippi’s scrubbing her floors, doing arithmetic, or stirring things up at a fancy tea party, her flair for the outrageous always seems to lead to another adventure.(Amazon)

enomi20140527-01.jpg


「長くつ下のピッピ」。講談社英語文庫より。ピッピがどうにも好きになれない。そばにいても友達にならないと思う。はっちゃけた行動する子は苦手。映画は面白そうだけど。

00:59 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。