09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「中国嫁日記」「月とにほんご」 井上純一

2015/03/04
【中国嫁日記第2巻】大好評の「中国嫁日記」、待望の第2巻。今回はブログ掲載時に、反響の大きかった地震編のほかに、言葉の通じない月(ゆえ)の両親との中国旅行編などを収録。何があっても、2人の変わらない日常は続き、中国嫁・月(ゆえ)のボケももちろん健在!描き下ろしコミックは、今回も大ボリュームの50ページ!そして、「プロポーズ編」に突入!! /【月とにほんご】「一生結婚しないだろう」と思っていた40歳オタク男のもとにある日、中国からやってきた20代の美人なお嫁さん「月(ゆえ)」。彼女が通う日本語学校に集まる、中国や韓国からの留学生には、ユニークな個性をもった強力なキャラクターがいっぱいだった。月(ゆえ)や留学生がぶちあたる、日本語にまつわるおかしな体験とは?日本人にもタメになって笑える、新しい日本語のトピックを満載(「BOOK」データベースより)。

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記    中国嫁日記 (二)

最近のエッセイ漫画を面白いと思えないのだが、これはまあまあ。あまり好きではないが。日本語の文法の説明は面白かった。

09:02 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)

「源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか」 中川 右介

2015/02/09
クラスでいちばんかわいい女の子しずかちゃんが、いちばん凡庸な男の子の妻となる現実。最大の武力の持ち主ジャイアンと最大の資金力の持ち主スネ夫が、タッグを組まなければならない現実。たとえいじめられても、いじめっ子と絶縁する道を選べない最下層カーストにいるのび太の現実。ドラえもんが歩いていても驚かれない、地域コミュニティが崩壊した郊外に住む野比家の現実―『ドラえもん』で描かれる人間関係は、はからずも現代社会の縮図なのである。空気のような存在ゆえに、かえって論じられてこなかった国民的マンガを社会学的に考察。なんともせつない深すぎる「ドラえもん日本原論」(「BOOK」データベースより)。

源静香は野比のび太と結婚するしかなかったのか『ドラえもん』の現実(リアル) (PHP新書)

歌舞伎について分析する筆者が、ドラえもんについてどう分析するのか興味を持って手に取った。「かわいい女の子」以外の役割がないしずちゃんが登場する「ドラえもん」は、あくまで男の視線から描かれているギャグマンであり、その根底には女性蔑視と女性敵視がある、という視点はなかなか面白い。

けっこう「ドラえもん」には詳しいつもりでいたが、
・「ドラえもん」は、それぞれの小学生にとって、「小学一年生」四月号から「小学六年生」三月号まで六年間72回にわたる長期連載である。
・「六年間の物語」は輪唱するように6本が同時進行している。
という点は知らなかった。ある意味驚愕だ。

すなわち、各学年向けにいくつもの第1回と最終回が存在しているという事実。私にとっての「ドラえもん」第1回は、コロコロコミックに掲載された回が唯一無二だが、各学年ごとに年齢に応じた様々な第1回がある。自分がどれだけ「ドラえもん」のことを知らないかを認識した。

17:36 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ぼくの描いた戦争」  手塚治虫

2014/08/22
誰のせいだよ…こんな戦争…。第二次大戦真っ只中に青少年期を過ごした手塚治虫が描き残した、戦争の悲惨さを題材とした作品集。「カノン」「ジョーを訪ねた男」「紙の砦」「ゼフィルス」ほかを収載(「MARC」データベースより)。

ぼくの描いた戦争

手塚治虫はやっぱりすごいね。戦争はよくない。

08:37 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)

「チャンネルはそのまま!」 佐々木倫子

2014/07/29
テレビ局の製作現場の話が単純に面白い。雪丸は「Heaven?」の川合くん~の派生キャラに違いない。

チャンネルはそのまま! コミック 全6巻完結セット (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

01:05 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)

「研修医なな子 」

2013/07/02
山ごもり後に最初に読んだ漫画。

マグロコールが出てくるのを確認するために読んだようなもん。

久しぶりに読んだけど、やっぱり面白かった。後半は今いちだけど。なな子の恋愛しているのは想像つかない。

最終巻最後の3ページはどうよ。ま、でもいいか。

研修医なな子 全7巻完結 (You comics) [マーケットプレイスセット]

22:30 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »