06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「顔面遊園地 ナンシー関 消しゴムの鬼 」

2014/11/21
ラーメンを食べた後は、渋谷パルコPart1・parco museumへ。目指すは「顔面遊園地 ナンシー関 消しゴムの鬼 見えるものしか見ない。そして見破る。ましてや彫る。」展。
enomi20141120-03.jpg

500円払って入場。しおりもらった。わーい。
enomi20141120-06.jpg   enomi20141120-07.jpg

会場内はそれなりに混雑。一周するのにそれなりの時間がかかる。平日だしと高をくくってたら甘かった。というか逝去後12年、まだこんなにナンシーのことを気にかける人がいる事に驚いた。

まず入ってすぐの通路、「ナンシー本全員集合」。あーほとんど持ってるわ。

次に「ベストオブ生ハンコ」。膨大な消しゴムハンコの実物とその版画に圧倒される。芸能人、スポーツ選手、政治家、文化人等、ジャンル分けして展示。消しゴムハンコは思ったよりずっと小さい。非常に緻密に彫られている。版画より消しゴムハンコの方が彫られた人のエグさが出ていたのは気のせいか。村山元首相の「まゆげボーン」を久しぶりに見て嬉しかった_笑。あと、「連続」シリーズのハンコも。桂歌丸の不安そうに笑点でネタを言う作品とか。中森明菜のハンコで見たことのない作品も。

「ナンシー遊戯室」では、ハンコを捺されたドレスや靴、冷蔵庫、ライターなどを展示。ケロンパのハンコが押されたバカラのグラス。チーターのハンコが押されたドレス。ああ馬鹿馬鹿しい。たまらん。

それから、初めて彫ったという「丁稚シリーズ」。別のブースに丁稚をCG化した「通天閣はもう唄わない」を上映。町山広美さんらが製作して、ピエール瀧がナレーション。むやみに美川憲一とか出てきて笑えた。

版画を彫る過程の展示は普通に面白い。あと、ナンシーが取りだめしていたビデオテープ等。全巻録音していたという「たけしのオールナイトニッポン」の実物(もちろん一部)も。

こちらは記念撮影OKのスペースにて撮影。
enomi20141120-04.jpg   enomi20141120-05.jpg

消しゴムだけじゃなくて懐かしのコラムも展示。「ナンシーテレビ&ナンシー事件簿」。有吉とか中山美穂とか今もちょっと話題の人が中心。コラムの後に、コラムを今と繋げるコメントが記されており(たぶん町山さん)、それなりの読み応え。

とても充実した展示でした。消しゴムよりコラム派の私だけれど、十分楽しめた。パルコエスカレーターの手すりにはナンシーのシールが貼ってあった。本人「トホホだよ」と思っているに違いない。だけど、この展示会を開催した町山広美さんたち関係者にきちんと感謝してると思う。そんな人。

スポンサーサイト
15:30 その他観賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

「だまし絵Ⅱ」 Bunkamura

2014/10/04
11月5日(土)、20年ぐらいぶりに渋谷ハチ公前で待ち合わせ。久々のハチ公前は、人が大きなスペースを作っており驚いた。観光スポットになっているようで、人が入れ替わり立ち替わりハチ公を記念撮影。横でVサインをしてポーズをとる人も。昔はハチ公を触るのが不可能なくらいに銅像の周囲に隙間なく人が密集していた。あまりにメジャーな待ち合わせ場所で、写真を撮影する人などいなかったのに。物理的には何も変わっていないのに、それを取りまく人たちが変わってしまった。
enomi20141004-01.jpg

さて、本日の目的地は渋谷Bunkamuraの「だまし絵Ⅱ 進化するだまし絵」。だまし絵とは、見る人の目をあざむくような技法に焦点を当てた作品、だそうです。一見あるものにしか見えないが、この角度から見ると別のものに見える、といった作品が多数展示されてた。

enomi20141004-02.jpg

普通の展示会と違い、謎解きをしなきゃならない。一定の角度に移動しないと意味の分からない作品もある。周りの人の謎解きにも耳をすましつつゆっくりと一つ一つ見ていく。

印象に残ったのは、ラリー・ケイガンの何だか分からない針金細工に光りをあてると、その影が蚊やトカゲにみえる作品。光りをあてつづけるのでなく、一定時間ごとに光りをあて謎解きさせる演出がにくい。

あと、作者不詳(北方派の画家)の「風景/顔」という作品。風景はすぐ分かったのだが、顔が分からない。一緒に行ったKちゃんに「人が仰向けに寝ていて、あそこが目、あそこが鼻」などと解説してもらって、ようやく顔を把握する。

それとダリの油絵。「海辺に出現した顔と果物鉢の幻影」のウサギとアヒルはすぐ分かったが、犬の鼻、首輪を把握するのが大変だった。そして同じくダリの「姿の見えない眠る人、馬、獅子」の人と馬。こちらも「あそこが~」というKちゃんの解説のおかげで把握した。空間認識どころか二次元認識も不得意でさ。一人で行かなくて良かった

全作品の最後の展示がなんとa-haの"Take On Me" のMV。スティーブバロンの作品。モデルの動きをカメラで撮影し、それをトレースしてアニメーションにするロトスコープという手法を駆使しているとか。CGがない時代の画期的な手法ということだと思うが、これもだまし絵なのか?それ以前にこんなところでいきなり"Take On Me"を聴かされてテンションが変な方向に上がってしまって。イントロたまらん。2014年のこの時代にa-haのMVを皆で凝視するシチュエーションがむず痒くて笑ってしまった。



結構混んでいて、終わりの方は倒れそうだった。最終日前日だとこんなものか。展示会の後は、「まーさん 渋谷本店」でハンバーグ。久々の再会を楽しんだ一日。

22:00 その他観賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

国立劇場「浄土宗総本山 知恩院の声明―六時礼讃―」

2014/09/13
国立劇場で浄土宗のお経を聴く会・・・ってなんじゃらほいって思いながら国立劇場小劇場へ。

正しくは、浄土宗総本山の「知恩院の声明ー六時礼賛ー」という浄土宗を代表する声明の公演。六時礼賛を中心に念仏を交えたリズムの変化やお坊さんの所作を視覚的にも楽しめるようにした公演。なんと第51回。

日没礼讃(にちもつらいさん)/初夜礼讃(しょやらいさん)/中夜礼讃(ちゅうやらいさん)
後夜礼讃(ごやらいさん)/晨朝礼讃(じんじょうらいさん)/日中礼讃(にっちゅうらいさん)
enomi20140913-01.jpg

演出とか全く期待していなかったのだが、最初は数人しか舞台にいなかったお坊さんがお経を唱えだしたとたん、客席後ろから40人~50人くらいのお坊さんがお経を唱えながら登場。舞台装置も工夫してあるし、あれ、結構楽しい。大人数の僧侶がいっせいに唱えるお経はすごい迫力。お坊さんに失礼かもしれないが、お経を唱えるのも一種の「芸」だね。何かに似ていると感じ思いあたったのがゴスペル。祈りの旋律は共通するものかも。あと、宗教と文化の密接性に思いを致したり。

最後に極楽から桃色の花びらが舞い落ちてきた。-演出で天井から紙製の花弁がひらひら。私の座席からは全然届かない-。こういう場面で運のある人は簡単に手に入れられるのだ。結局出口でもらえたので二枚頂く。
enomi20140913-02.jpg
「他力念仏 友祥之地 知恩×院」(←読めない)

場内満席、大盛況。前半寝落ちしたのがもったいない。

21:42 その他観賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

森麻季ソプラノリサイタル

2009/07/15
昨日、森 麻季の「ソプラノ リサイタル2009」に行ってきました。
東京オペラシティのコンサートホール です。

<曲目>
ハイドン:オラトリオ「天地創造」より“今や野はさわやかな緑を”“力強い翼を広げて”
ハイドン:主題と変奏 ハ長調 Hob.XVII: 5 ※ピアノソロ
ハイドン:スターバトマーテルより“み子とともに苦しみたまえる”
ハイドン:オラトリオ「四季」より“なんとさわやかな気分”

ー休憩ー

ヘンデル:オラトリオ「サムソン」より“光り輝く天使たちよ”
バッハ:目を覚ませと呼ぶ声が聞こえ コラール前奏曲BWV645 ※ピアノソロ
ヘンデル:オペラ「リナルド」より“勇者として闘って下さい”
ヘンデル:オペラ「リナルド」より“涙の流れるままに”
グルック:メロディ ※ピアノソロ
ヘンデル:オペラ「アレッサンドロ」より“なにかいらまだ分からない”
ヘンデル:オペラ「アタランタ」より“親愛なる森よ”
ヘンデル:オペラ「エジプトのジューリオ・チェーザレ」より“つらい運命に涙はあふれ”

<アンコール> 
からたちの花
私のお父さん
初恋
ムゼッタのワルツ
千の風になって

------------------------------------------
ロビーでは、CDが売られていました。
20090715-01



休憩時間等にお水がタダで飲めることに感激しました。
歌舞伎座とは違いますね。
20090715-02


オペラシティは声がよく響きます。
「3階に移動しちゃったの」という女性の方がいて、
そういうもんかと感心しました。

森麻季さん。透明な声。
みんな1曲ごとに拍手喝采。
「ブラボー」もきこえました。

20:06 その他観賞

「忘れえぬ女」

2009/06/05
渋谷の Bunkamura ザ・ミュージアムに行きました。
「忘れえぬロシア~国立トレチャコフ美術館展」が開催中でした。

20090605-01


クラムスコイの「忘れえぬ女(ひと)」が印象的でした。

21:41 その他観賞
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。