04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「流星の絆」 東野 圭吾

2011/05/16
何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。著者会心の新たな代表作(「BOOK」データベースより)。

流星の絆 (講談社文庫)

面白かったです。

料理マンガの好きな私なので、ハヤシライスを核とするストーリー展開に大満足。
「アリアケ」に食べに行きたくてしょうがない。

ただ、兄弟3人のキャラクターが今ひとつ際立っていない。
次男は詐欺行為を行うため変装が得意、という以外、印象がない。
おっちょこちょいの役回りを演じさせてもよかったかも。
長女も、好きな男ができた後、もっと突拍子もない行動に出てほしかった。

最後に兄弟が自首を決意するくだりも、あまりに善人すぎる、との違和感が。

でも、小説としてまとまっている作品。

スポンサーサイト
15:05 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)

「ダイイング・アイ」 東野 圭吾

2011/05/14
記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…(「BOOK」データベースより)。

ダイイング・アイ (光文社文庫 ひ 6-11)

プロローグの交通事故被害者の描写が圧巻。
自分が事故に遭っても同じようなことを考えるのかも、と思わせます。
引き込ませる文体はさすが。

ただ、ストーリーの肝となる謎の女性瑠璃子がどうにも受け付けられず。
主人公と彼女の性的描写も今一つ苦手。

催眠術も含めて何となく後味の悪い作品。

21:39 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。