05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「アトランティスのこころ」 上・下 スティーヴン・キング

2012/06/30
初めてのキスは乾いていて、なめらかで、日ざしのぬくもりをたたえていた――1960年の夏、ボビー、キャロル、サリー・ジョンの仲良し3人組は11歳だった。夏に終わりがこないように、永遠に友情が続くと信じていた彼らの前に、ひとりの老人が現れる。  テッド・ブローティガン。  不思議な能力を持つ彼の出現を境に、世界は徐々に変容し始める。張り紙、路上のチョーク、黄色いコートの男たち。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていき――。  あまりにも不意に、あまりにもあっけなく過ぎ去ってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕(「BOOK」データベースより)。

アトランティスのこころ〈上〉 (新潮文庫)   アトランティスのこころ〈下〉 (新潮文庫)

ベトナム戦争が若者たちに及ぼした痛みがわからないせいか、
少々わかり難い面も。

上巻のラストがよかったかな。

スティーヴン・キングは初めて読んだのだが、こんな感じ?

スポンサーサイト
16:59 外国・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)

”Little Miss Sunshine”

2012/06/30
独自の成功論を声高に振りかざすが自分は甲斐性ナシの父、
家族を嫌って沈黙を続ける兄、ヘロイン中毒で強烈な毒舌の祖父、
失恋が原因で自殺を図ったプルースト研究家のおじ、
そんなバラバラの家族を必死でつなぎとめようとする母…。
寄ればケンカが始まる彼らの、珍道中を描いたロード・ムービーだ。
クチは悪いが、実はナイーブな家族の触れ合いに胸をくすぐられるが、
絶妙に“笑い”が織り込まれており、軽口でしんみりしすぎない。
監督は長編初となるデイトン&ファリス夫婦。
主演のアビゲイル・ブレスリンは、子供用ファット・スーツを着込んで幼児体系のオリーヴを好演した。
全米でも小規模作品ながら異例の大ヒットを記録した注目作!(goo映画より)

リトル・ミス・サンシャイン [DVD]

よかった!
お母さん、お父さん、おじいちゃん、おじさん、息子、娘。全員いい味出してる。
こういう映画は好きだなあ。

問題抱えてバラバラだった家族が、ミスコンで最後は一つになるところがイイ!

オーロラの最終審査のダンスが、おじいちゃんの影響を受けたセクシー振付だってこと、
危うく気づかないところだったけど。

コンテストをめちゃくちゃにしつつ、
最後はまたポンコツ故障車に飛び乗って帰っていく。

いろいろあるけどみんながんばる。

16:42 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

「エターナル・サンシャイン」

2012/06/26
もうすぐヴァレンタインという季節。
平凡な男ジョエルは、恋人クレメンタイン(クレム)と喧嘩をしてしまう。
何とか仲直りしようとプレゼントを買って彼女の働く本屋に行くが、
クレムは彼を知らないかのように扱い、目の前でほかの男といちゃつく始末。
ジョエルはひどいショックを受ける。
やがて彼はクレムが記憶を消す手術を受けたことを知る。
苦しんだ末、ジョエルもクレムの記憶を消し去る手術を受けることを決心する。
手術を受けながら、ジョエルはクレムとの思い出をさまよい、
やがて無意識下で手術に抵抗し始める(wikipediaより)。

エターナル・サンシャイン [Blu-ray]




記憶がいったりきたりする描写がちょっと分かりづらかった。

恋人どうしは記憶を消しても結局お互い惹かれあって恋人どうしに戻れる?
こんな話があってもいいかも。

お互い再度惹かれあう過程をもうちょっと描いてほしかったかな。

でも、楽しめました。

女性に見覚えがあると思ったら、「タイタニック」のケイト・ウィンスレットじゃないですか。
男性は「マスク」のジム・キャリー。
全然雰囲気が違う!

18:24 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ハガネの女」 1 ~ 10 深谷 かほる

2012/06/26
作者が教育についていろんな思いを抱いていいることが伝わってきました。
公教育、私教育、塾、教師の雑務。

中学受験はたいへん!
最低ラインにいる子が努力してベスト3に入る話に感動。

ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)

18:12 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)

「シザーハンズ」

2012/06/18
上映当時はジョニーデップのメーキャップが苦手で見に行かなかった「シザーハンズ」。

泣ける映画ときいて、地元に新生オープンした初日にTSUTAYAで借りたみた。

泣けなかったけど・・・。

カフカの「変身」みたいな作品かと思ったけど、
みんなに受け入れられてたからちょっと違ったかな。

ファンタジーラブロマンス。
ポップな色の街並みがかわいい。ウィノナ・ライダーがかわいい。

お母さん役のダイアン・ウィーストの話し方はアメリカを思い出す。

シザーハンズ [Blu-ray]

16:01 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。