12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

壽初春大歌舞伎 歌舞伎座 昼の部

2014/01/31
3階席で観てきました。1月昼の部。

「天満宮菜種御供 時平の七笑」
藤原時平:我當/判官代輝国:進之介/左中弁希世:由次郎/春藤玄蕃:錦吾/天蘭敬:松之助/藤原宿祢:宗之助/頭の定岡:松江/菅原道真:歌六

この演目、我當さんの当たり役だそうです。「菅原道真を陥れて、一人舞台に残った時平が本心を顕し、大笑いをするところがみどころ」とのこと。実際、今振り返っても、思い出すのは時平の卑屈な笑い。七種の笑い、見ごたえ聞きごたえ十分。幕が引かれても笑ってて、ぞっ。歌六さんの道真、陥れ苦しむ様子が伝わってくる。

enomi20140126-01.jpg


「梶原平三誉石切 鶴ヶ岡八幡社頭の場」
梶原平三景時:幸四郎/俣野五郎景久:錦之助/梢:高麗蔵/山口十郎:松江/川島八平:廣太郎/岡崎将監:隼人/森村兵衛:宗之助/剣菱呑助:秀調/大庭三郎景親:橋之助/六郎太夫:東蔵

幸四郎の梶原平三、ずっと難しい顔。でもたまの笑顔で舞台が明るくなる。もっとにこやかに演ずれば、とも思うが、こういう役なのか?

東蔵さんの六郎太夫、さすがです。最近の東蔵さん、立役でも女形でも老け役だからか同じに見えてきた。橋之助の大庭三郎、凛々しい。錦之助の俣野五郎、赤面の役柄って見慣れない。

「松浦の太鼓」
松浦鎮信:吉右衛門/宝井其角:歌六/左司馬:歌昇/江川文太夫:種之助/渕部市右衛門:隼人/里見幾之亟:桂三/早瀬近吾:由次郎/お縫:米吉/大高源吾:梅玉

昼の部の目玉。あらすじ追っていったが、すねる松浦鎮信が、笑顔になっていく過程の台詞が聞き取れなかった、残念。吉右衛門のせいではなく、私の能力不足のせいだと思う。すねて喜ぶ吉右衛門を見て、可愛いで終わる私の歌舞伎の感想って・・・。でも、もう一回みたいなあ。

「鴛鴦襖恋睦」
遊女喜瀬川,雌鴛鴦の精:魁春/河津三郎、雄鴛鴦の精:染五郎/股野五郎:橋之助

相撲取りってどんな衣装?と思ってたら普通でした。魁春は、相変わらず妖艶。

enomi20140126-02.jpg

スポンサーサイト
12:09 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

「カジノ」

2014/01/25
長い。3時間ですから。

カジノ [DVD]

カジノ経営は大変だって話?主役3人の人間模様がテーマ?

ロバート・デ・ニーロ、初めてみたけど、かっこよかった。シャロン・ストーン、最初は「氷の微笑」って感じだったけど、後半ではヒステリー女に様変わりしてて、ギャップが面白い。ジョー・ペシ、演技派?

見応えありました。

23:29 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

「バグダッド・カフェ」

2014/01/25
アメリカ西部、ラスヴェガスとロサンゼルスを結ぶ長距離道路が通過する砂漠のど真ん中で、ドイツの寂れた田舎町ローゼンハイムから旅行にやってきた夫婦は喧嘩の果てに、妻のジャスミンは夫を残し一人で車を降りた。砂漠には不似合いのハイヒールと大きなトランクを引きずって歩き続けるジャスミン。そこからそう遠くはない、道路脇にたたずむ寂れたカフェ兼モーテル兼ガス・ステーション。そこでは女主人のブレンダが家族にもお客にも不機嫌に怒鳴り散らし、亭主さえも追い出したところだった。砂漠を歩き続けたジャスミンがやっとの思いで、その店にたどり着く。看板に書かれた文字は“BAGDAD CAFE”。ここから2人の女性の物語が始まる(Amazon)。

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray

早稲田松竹にて、最終日に一人でみてきた。この曲ってこの映画のテーマだったんだ。

ヒステリーの塊みたいだったブレンダがボスのバグダッドカフェ。その雰囲気がヤンセンのおかげでが変わっていくあたり、心がほっこり。いつまでも浸っていたかった。ちょっとしたカットもこだわって撮ってる。

ただ、雰囲気、変わりすぎ。ヤンセンの手品が評判になり、ショーまでやるとは。常連客の女性が”too harmony”って言って出て行ったのは分かる。その一歩手前で止まってほしかった。

ヤンセンは何処へ行っても、ヤンセン。バグダッドカフェでなくてもいいはず。なのに、わざわざカフェに戻ってくる?。最初の方で夫と喧嘩別れしてたけど、カフェで知り合った人と再婚するほどカフェが好き?

でも、変わっていくカフェに漂う雰囲気はたまらない。そこだけでも見る価値あり。

ブレンダが途中から岡本夏生にみえた。あと、マイク真木もいた。

23:19 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)

「誰か ----Somebody」 宮部 みゆき

2014/01/22
杉村三郎35歳、妻子持ちのサラリーマン。妻の父親は大財閥「今多コンツェルン」会長の今多嘉親で、三郎は会長室直属のグループ広報室で記者兼編集者として働いている。すでに他界した妻の実母は嘉親のせいさいではなく、三郎も後継者として婿入りしたわけではないが、「逆玉の輿」であることに変わりはなかった。ある日三郎は義父から妙な依頼を受ける。嘉親の個人運転手を長年務めてきた梶田信夫が自転車に轢き逃げされて命を落とし、残された二人の娘が父親の想い出を本にしたがっているので、編集者として相談に乗ってやって欲しいというのだ。姉妹に会うと、妹の梨子は本を出すことによって、犯人を見つけるきっかけにしたいと意気込んでいるが、結婚を間近に控えて父を失った姉の聡美は、そう上手くいくはずがない、と出版に反対しており、結婚の延期も考えていることがわかる。
ところが、聡美が反対する真の理由は別にあった。彼女は、妹には内緒という条件で、三郎に真の反対理由を打ち明けた――運転手になる前の父は職を転々とし、よくない仲間とも付き合いがあったらしい。玩具会社に就職してようやく生活が安定した、聡美が4歳の時、彼女は「父に恨みがある」という人物に"融解"され、怖い思いを味わった。そのあと一家は玩具会社をやめ、縁あって今多の運転手として雇われるまで、再び不安定な暮らしを余儀なくされた。そんな父の人生を梨子に知られたくない――と。さらに聡美は、父の過去の悪い縁が今も切れておらず、「あれは偶然に起こった轢き逃げなんかじゃなくて、父は狙われていた。そして殺されたんじゃないかと思うんです」と訴えるのだった。三郎は、姉妹のそんな相反する思いに突き動かされるように、梶田の人生をたどり直し始めた・・・・・・(Amazon)。

誰か ----Somebody

主人公は逆玉の輿に乗ったわけだが、あまりストーリーに関係がなかった。そして意外にも姉妹の三角関係へ。

1つ1つの文章がふいに繊細なのはいいが、なんか突然の展開だった。「恋におちて」は不倫の歌詞ではない、と湯川れいこさんがベストテンで言ってたよ。

23:38 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)

「優しい音楽」 瀬尾 まいこ

2014/01/22
駅の受けとめきれない現実。止まってしまった時間―。だけど少しだけ、がんばればいい。きっとまた、スタートできる。家族、恋人たちの温かなつながりが心にまっすぐ届いて、じんとしみわたる。軽やかな希望に満ちた3編を収録(「BOOK」データベースより)。

優しい音楽

タイトルと装丁に惹かれて図書館で借りた。
が、全然ピンとこなかったです。

23:28 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。