02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

三月歌舞伎座鳳凰祭「加賀鳶」「勧進帳」「日本振袖始」

2014/03/25
3日連続歌舞伎鑑賞、最終日です。

実は、3月14日にすでに歌舞伎座夜の部を3階B席で鑑賞済み。しかし、勧進帳があまりにすごかったので、本日3月24日(月)、1階席で再度鑑賞。感想をまとめて。

一、盲長屋梅加賀鳶  「加賀鳶」 本郷木戸前勢揃いより赤門捕物まで
天神町梅吉/竹垣道玄:幸四郎/女按摩お兼:秀太郎/春木町巳之助:橋之助/魁勇次:勘九郎/虎屋竹五郎:松江/盤石石松:歌昇/数珠玉房吉:廣太郎/御守殿門次:種之助/昼ッ子尾之吉:児太郎/お朝:宗之助/伊勢屋与兵衛:錦吾/金助町兼五郎:桂三/妻恋音吉:由次郎/天狗杉松:高麗蔵/御神輿弥太郎:友右衛門/雷五郎次:左團次/日蔭町松蔵:梅玉

まず、本郷通の「勢ぞろい」の場。加賀鳶と定火消しが喧嘩するのを鳶頭の梅吉(幸四郎)がとめる。1階でみると花道で顔が一人ひとり見えて、やっぱりいいねえ(当たり前)。一人ひとり繋げていく七五調の台詞(ツラネ)をきく幸せ。

橋之助。目立つ役なのだろうが、きっぷのよい口跡も伸びやかな所作も一番素敵でほれぼれ。橋之助の次に並ぶのが児太郎。勘九郎の次なので、ちょっと浮く。本当は襲名披露月だったので特別枠?そして勘九郎。かっこいいなあ。最近アイドル的に勘九郎が好きだ。台詞がないとき、ほかの鳶たちは少し目線が上、落ち着いた表情。でも勘九郎は真正面を見据え、しかもずっと睨み付けてて、それがちょうど私と同じ目線の位置。何度も目が合いどぎまぎ・・・(←アホ)。若手では歌昇の口跡がよかったな。ベテランの高麗蔵さん、友右衛門さん、左團次さんの口跡はさすがです。

そして本編。

幸四郎の芝居を1階で見る機会があまりなく、楽しみにしていた。加賀鳶の道玄。目の見えない悪党の役という意味では、「不知火検校」と同じ。だが、今回の道玄は憎めないおかしみのある役。悪党といっても小悪党レベル。検校と道玄。どちらも幸四郎のニンだったと思う。悪党向き?あと、幸四郎の顔って暗く感じるのだが、盲目の設定だとそれが半減されるし(まあ道玄は見えているんだが)。坊主頭の役が似合うのか?

芝居そのものも、むしろ滑稽。楽しい世話物。主役の道玄は、通りすがりの人を殺害したり、妻を虐待したり、姪を売っぱらったりする。でも、そんなひどい悪党にみえない。愛人お兼とのやりとりは笑えるし、松蔵にやり込められて、すごすご帰っていく場面もちょっとかわいい。だんまりで道玄のはげ頭で手が滑ったり、道玄をお縄にしたのに、「俺だ俺だ」といって逃げる台詞は笑えた。

秀太郎のお兼。3階でみたときは胸がはだけて下品すぎと思った。まあ、そういう役ではある。ただ、1階でみるとそうでもない。秀太郎さんは一癖ある女の役しか見たことないかも。優しい奥さん役とかみてみたい。

宗之助のお朝。お目目パッチリで器量よし。ドラマのお母さん役の人みたいだ。梅玉さんの松蔵。鳶をいさめたり、道玄をやりこめたり、兄貴らしい。錦吾さん、分別のある旦那の伊勢屋与兵衛。

最後の捕物まで楽しめる演目でした。

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳
武蔵坊弁慶:吉右衛門/富樫左衛門:菊五郎/亀井六郎:歌六/片岡八郎:又五郎/駿河次郎:扇雀/太刀持音若:玉太郎/常陸坊海尊:東 蔵/源義経:藤十郎

衝撃度は1階より、3階で観たときの方が上。きっと1階で放たれるオーラが2階、3階に伝染するんだと思う。最初の出、3階からは、花道で四天王のうち二人しか見えない。弁慶も義経も声が聞こえるだけ。なのに、泣きたくなるくらいのオーラ。静まり返った客席。

花道で藤十郎演ずる義経が声を発するだけで、その地位の高さが分かる。まず主人義経の地位があり、その主人を弁慶と四天王が守る。義経の役割を最初に観客に理解させるのは「勧進帳」の必然。

舞台中央に吉右衛門の弁慶登場。命をかけて義経を守ろうとする弁慶の思いが、吉右衛門のその視線で、手を広げる所作で伝わる。

対する富樫。菊五郎の富樫は厳しい。関守としての役目をこれまた命をかけて果たす。命がけて職務を忠義を全うしようとうする者たちの闘い。その象徴が「勧進帳」読み上げと「山伏問答」。真の山伏か確かめるようと問い詰める富樫に対して、よどみなく応え気迫でこの難所を潜り抜けようとする弁慶。二人の気迫がすごく、一触即発。

関所を通過できそうなとき、富樫が怪しい強力に気づく。再び漂う緊迫感。気勢をあげて義経を守ろうとする四天王たち。それをおさえ義経を杖で打つ弁慶。忠義を果たすためとはいえ、身を引き裂かれるより辛い主君への殴打。

富樫は一行を通すが、義経と見破ったのはその直前。今日の菊五郎の富樫を見た限りではそう思った。弁慶、富樫。二人の関係は対等だが、忠誠を果たそうとする弁慶の念に打たれ、その忠誠心を全うさせる決意。

感情むき出しに、主君を打ったことをわびる吉右衛門の弁慶。その弁慶を優しく、でも高貴な品性は失わず許す藤十郎の義経。

最後の引っ込み。自分の主を打ってまでも、義経を守ろうとする弁慶を称え見送る富樫。そんな富樫に感謝し、深く一例する弁慶。言葉に出さないものの、二人の間にみえる強い絆。互いに相手を尊重しあってこその富樫と弁慶。

吉右衛門の弁慶は熱く、花道から全開で義経を守りきろうとする。口跡、天を仰ぎ見る視線、延年の舞、飛び六法。すべてがその思いに貫かれている。見る側はその思いに圧倒される。

その弁慶に応える菊五郎の富樫。菊五郎は、弁慶によって富樫のありようを変えているらしい。吉右衛門の弁慶が熱いからこそ、菊五郎の富樫もそれに応えているのだと思う。口跡はすばらしく山伏問答は圧巻。強力こと義経を留めるときの手を上げる見得は天を切ってた。

藤十郎の義経。ずっと座っているのに、全くゆらぎないその存在感。金剛杖をもった両手は、右手も左手も長い間本当に微動だにしない(1階2列目で確認)。そして「判官、おん手を、取り給い」。手前に差し出でたその右手で全てを許す(ここで後見の翫雀さんに気づきびっくり)。

そして、最強の四天王。歌六さん、又五郎さん、扇雀さん、東蔵さん。みんな気迫全開。結構逞しい面々。今、これ以上の四天王はありえないでしょう。ただ、東蔵さんのお化粧、茶色いエクボというか、皺。濃すぎない?可愛いんだけどね。

人間国宝そろい踏みで本当に贅沢な勧進帳。1階2列目はやはり近すぎた。3階とどちらが良席かは即答不可。

三、日本振袖始 大蛇退治
岩長姫実は八岐大蛇(やまたのおろち):玉三郎/稲田姫:米吉/素盞嗚尊(すさのおのみこと):勘九郎

米吉さん、とてもかわいい。狸顔でぽっちゃりしていて、従順そうな昔ながらのアイドル顔。男性からの支持に期待できそう(そうか?)。女形というより、女の子を見ている気分。

玉三郎さん、赤い振袖、お似合いです。でも、なんかインパクトが薄い。お酒を飲んで酔っ払って、そこから先ふらふらしていた理由がよく分からなかった。退治される最後の断末魔の悲鳴は耳に残る。

大薩摩のあと、登場する勘九郎。キレッキレ。手の動き、足さばき、立ち回り。とにかくすべてがキレッキレ。最高。今あの世代では踊りといえば勘九郎なのでは。八岐大蛇を倒したその杖をいつかは金剛杖に持ち替えて、義経を打ってほし・・・。

長屋、安宅関、八岐大蛇のいる出雲の国。三つの世界にトリップできた夜の部。特に勧進帳。富樫が弁慶、義経を通した瞬間に立ち会った気がする。杮落としの締めくくりにふさわしい舞台。


中村吉右衛門の歌舞伎ワールド (小学館フォトカルチャー)中村吉右衛門の歌舞伎ワールド (小学館フォトカルチャー)
(1998/11)
中村 吉右衛門

商品詳細を見る


スポンサーサイト
01:46 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

三月歌舞伎座鳳凰祭「壽曽我対面」「身替座禅」「封印切」「二人藤娘」

2014/03/23
3日連続歌舞伎鑑賞、2日目。歌舞伎座昼の部です。鳳凰祭三月大歌舞伎、歌舞伎座松竹経営百年 先人の碑建立一年。だそうです。

こちら、先人の碑。


一、「壽曽我対面」
工藤祐経:梅玉/曽我五郎:橋之助/曽我十郎:孝太郎/近江小藤太:松江/八幡三郎:歌昇/化粧坂少将:児太郎/喜瀬川亀鶴:梅丸/梶原平次景高:桂三/梶原平三景時:由次郎/大磯の虎:芝雀/鬼王新左衛門:歌六/小林妹舞鶴:魁春/

この演目を観るのは六月以来二度目。前回と配役がかぶるのは磯の虎の芝雀さんだけ?

幕が開いて金屏風に青の紋章は工藤家の家紋か。ミニストップのロゴみたいだ。大名たちが口々にお祝い。おめでたい雰囲気。「対面」の雰囲気づくりに大名の皆さんの果たす役割は重要。

遊女の皆さん、衣装が煌びやかで綺麗。児太郎は一番の美女に見えたし、梅丸はアイドル的かわいさ。でも、後ろ向きに歩く姿など、所作の美しさは芝雀さんの圧勝。

そして曽我五郎、十郎の登場。対面の主役は五郎なんだね。昨年六月に海老蔵の五郎を観たとき海老蔵が浮いて見えたんだけど、主役だからそういうものなのかも。そして、五郎の役って難しいとも思った。様式美を楽しむ演目で、一人気勢をあげるのは大変。音楽があまりない中で間を取るのも難しそうだ。橋之助の五郎も少々浮いてた気が。弟には見えない。一人で登場する設定のほうがしっくりくる。それともこういうものなのか。

魁春さんの小林妹舞鶴はよかった。兄弟を花道で呼び寄せる踊りとか手の動きが、一瞬なのに艶かしい。梅玉さんの工藤祐経は座頭らしい貫禄。孝太郎の十郎は・・・兄には見えなかった。むしろ姉?

二、新古演劇十種の内 「身替座禅」

山蔭右京:菊五郎/太郎冠者:又五郎/侍女千枝:壱太郎/同小枝:尾上右近/奥方玉の井:吉右衛門

身替りを頼み花子(はなご)のところへしけこむ菊五郎。いつもびしっと決まっている鬢も今日はやや乱れ気味。花子の話をすると顔が緩む場面や、奥方にばれておののく場面、いつもの菊五郎とぜんぜん違ってかわいい♪

そして、吉右衛門の女形ですよ! もうそれだけで一見の価値あり。いわゆる「鬼嫁」。足をどんどん踏み鳴らしたり、女形らしく話しているかと思ったら、いきなり男の声色に戻したり。定番の演出法なんだろうけど、これが楽しい。

そして菊五郎と吉右衛門という組み合わせ。弁天小僧や熊外陣屋のイメージが強い二人がこんな役をやる意外性。二人の役柄を入れ替えたのもみてみたい。

太郎冠者の又五郎さん。口跡、台詞のテンポがイイ。菊五郎もやりやすそう。山の神(奥方)に命乞いしてた場面が笑えた。侍女の壱太郎の所作はきびきび、右近は、はんなり。同じ動きでも違いがあって面白い。

松羽目ものでは音楽に期待してしまうのだけれど、長唄も常盤津もよかったです。

三、恋飛脚大和往来  玩辞楼十二曲の内 「封印切」

亀屋忠兵衛:藤十郎/傾城梅川:扇雀/丹波屋八右衛門:翫雀/井筒屋おえん:秀太郎/槌屋治右衛門:我當

お芝居も、出演者も上方づくしで楽しみにしていた。なのに、なのに、なんで舟を漕いでしまうのか(涙)。せっかく昼ごはん、コンビニのパン1個にしたのに。コーヒー飲んどけばよかった。前半は起きてた。後半も藤十郎と八右衛門が火鉢を叩いて言い争い始めたあたりからは起きてた。しかし、その途中が・・・。

寝ていたくせになんだが、忠兵衛の藤十郎さんがどんどん追い詰められていくあたり、表情が真に迫っていた。見栄を張って収拾がつかなくなる様がすごくリアル。現代でも起こりそうな展開に共感。

これだけリアルに感じたのは、忠兵衛を追い詰めた翫雀さんの八右衛門がリアルだったのも一因。いるよねー、ああいう調子のいい嫌な奴。テンポのよい二人のやり取りがあったからこそ、封印を切るしかなくなる忠兵衛。

扇雀さんも、秀太郎さんも、我當さんもみんなよかったです。よくなかったのは寝た私。

歌舞伎名作撰 恋飛脚大和往来 封印切 [DVD]歌舞伎名作撰 恋飛脚大和往来 封印切 [DVD]
(2004/09/24)
中村富十郎(五代目)、中村鴈治郎 他

商品詳細を見る


四、二人藤娘

藤の精:玉三郎/藤の精:七之助

舞台一面の藤の花が綺麗。その中で踊る藤の精の玉三郎と七之助。藤の花をどーんと見せて、役者二人を小さく見せる効果を狙っているんだって。なるほど。確かにいつもより小さく可憐に見えたかも。

案外あっさり終わった。長唄が聴き応えあり。

坂東玉三郎舞踊集6 藤娘 [DVD]坂東玉三郎舞踊集6 藤娘 [DVD]
(2004/08/25)
坂東玉三郎

商品詳細を見る

18:42 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

スーパー歌舞伎II 「空ヲ刻ム者」 若き仏師の物語

2014/03/23
今日から3日連続歌舞伎観賞。 我ながら行きすぎ。まず本日3月22日(土)。新橋演舞場。
スーパー歌舞伎II。空ヲ刻ム者  ―若き仏師の物語―

十和:市川猿之助/長邦:市川門之助/双葉:市川笑也/菖蒲:市川笑三郎/興隆:市川寿猿/喜市:市川弘太郎/時子:市川春猿/吾平:市川猿弥/九龍:市川右近/伊吹:福士誠治/鳴子:浅野和之/一馬:佐々木蔵之介

20年ぶりにみたスーパー歌舞伎。やはり普通の歌舞伎とは違う。

スペクタクルでファンタスティックな総合エンターテイメント。舞台セット、照明が派手で豪華できらびやか。衣装も色鮮やか。お百姓さんたちが音楽に合わせて踊る場面は、まさに「歌」「舞」「技」の融合。仏師、官僚がお侍さんと戦う場面で、突然現れた巨大不動明王の助太刀で助かったと思えば、都へ向かうため宙を飛ぶファンタジーもあり。

流れる曲はモダン音楽。生演奏ではないと思う。長唄とか浄瑠璃、三味線に慣れた耳には新鮮。

話のテーマが西洋的。民衆のためによりよい社会づくりをしたい、だけど思うようにいかない仏師と官僚の話なんだけど、これってふた昔前くらいに小劇場でよくやってたテーマでは。若干コミュニスト的な。でも、久々のテーマで、これまた新鮮。

あと、今回の舞台についていえば、少女マンガ的。まず、主役二人の名前(とわ、かずま)は、少女マンガで頻出のはず。そして十和(猿之助)と一馬(佐々木蔵之介)、十和と伊吹(福士誠治)の関係性がBLチック。仏師を彫る意味を問う場面は「ガラスの仮面」の「紅天女」にあったし、(てことは猿之助は桜小路くん?)、不動明王といえば「ごくせん」(そうか?)。

いわゆる「歌舞伎」ではないのは確か。最初は違和感ありまくりだったが、話が進むにつれて気にならなくなった。

猿之助は、1月に新橋演舞場でみた「上州土産百両首」の役どころと若干キャラかぶり。戸板に勢いよく昇る身のこなしはさすが。女形では市川春猿さんがぴか一できれい。遠目でもぱっちりお目目がまばゆい。女盗賊の市川笑也さんの身のこなしもかっこいい。市川猿弥さんの安定感もイイ。でもなんと言っても市川右近。舞台の空気が変わる。猿之助もこの人とのやり取りが一番生き生きして見えた。

今回の舞台は歌舞伎外の人も出演。

「顔面蒼白」の佐々木蔵之介。猿之助とダブル主役。台詞が多いのに、歌舞伎の台詞回しを全く持ち込まず淡々と台詞を発する。歌舞伎外の舞台の発声ってこんな感じだっけ。歌舞伎の仰々しい(?)台詞回しに慣れてしまっているので、歌舞伎外の人の発声は物足りなく感じるのかもしれない。見得と立ち回りをそれなりに魅せてた。

福士誠治。「純情きらり」でアイドル的にみていたので、ちょっと嬉しい。弟分として猿之助を慕いながら死に行く場面では、猿之助演ずる十和との擬似恋愛的な雰囲気をうまく出していたと思う。

一幕目は少し舟をこいだが、二幕目くらいから派手な舞台で完全に目が覚めた。たまにはこんな派手な舞台も楽しい。3階一番後ろのどんずまりみたいな場所だったけど、宙を飛ぶ場面で、猿之助と蔵之介が真正面に飛んできて、最高の席だった。

enomi20140322-01.jpg

01:03 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

梅だより 湯島天神

2014/03/18
3月16日(日)、とてもいい天気。

夫の散髪後、少々散歩を楽しむことに。吉祥寺という案もあったけど、梅の季節、ということで湯島天神に決定。でも、事前に本屋さんで調べたら、「梅まつり」はすでに終了。だけどまだ少しくらい楽しめるよねってことで、出発。

湯島駅で降りるとすぐ到着。男坂と女坂がある。やはりここは男坂を登っておかねばねというわけでそちらに回る。階段の下からはもう梅が見える。そんなに坂はきつくなくて、あっという間に神社に到着。たこ焼きのにおいがすごい。

梅は満開! 人もいっぱい!みんな考えることは同じなんだね。屋台、大繁盛です。そして時期が時期だけに絵馬が雨後の筍のように・・・。思わず何枚か読んでしまう。塾の先生(?)が生徒の名前を一人ひとり書いている絵馬とか、じーんとくる。あと、子供や彼氏の合格祈願とか。


鉢に植えた梅も。育てるのは難しそうとかいってたら、おじさんが「簡単なんだよっ」と言って詳しく解説してくれた。いや、でも私にはちょっと無理。
enomi20140315-01.jpg

屋台ではたこ焼きと迷ったけど、カルメラを。最近みた朝ドラ「ごちそうさん」でカルメラが登場して以来、食べたかったのだ。しかし、家でおいしくいただくはずが、腿でぎゅっと押してしまい、少々粉々に(涙)。でも、甘くて懐かしい味。
enomi20140315-06.jpg

神社を出て、前から行ってみたかった岩崎邸に。天井が高くて、各部屋に暖炉があって、壁の装飾は美しくって。住んでいる自分をちょっと想像しながら見学。この日はミニコンサートがあったせいか、結構人がいっぱい。みんなアクティブなんだなあ。
enomi20140315-04.jpg

館内では喫茶スペースがあって、お抹茶を注文。茶碗の持ち方が我ながら怪しい・・・。だけど久しぶりのお抹茶と和菓子が妙にうれしい。
enomi20140315-07.jpg

岩崎邸を出て、不忍池を眺めてから帰路につく。少しずつでも春の訪れを感じられた休日。

12:16 お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0)

"The Twits" by Roald Dahl

2014/03/18
Mr. and Mrs. Twit are the smelliest, nastiest, ugliest people in the world. They hate everything—except playing mean jokes on each other, catching innocent birds to put in their Bird Pies, and making their caged monkeys, the Muggle-Wumps, stand on their heads all day. But the Muggle-Wumps have had enough. They don't just want out, they want revenge(Amazon).

The Twits

「チャーリーとチョコレート工場」を書いたロアルド・ダールの作品。タイトルの"Twits"は、「ばか,まぬけくだらんやつ」という意味。

こういうブラックユーモアの児童書って日本にはないのでは。結構気に入って、母に読ませたら「大嫌い」とのこと。確かに夫婦の結末はかわいそうなんだけど。

10:33 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。