10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

十一月国立劇場 「通し狂言 神霊矢口渡」

2015/11/27
十一月国立劇場は福内鬼外作「神霊矢口渡」。福内鬼外って、平賀源内のことらしい。由良兵庫之助の吉右衛門目当てで中日と千穐楽の二回観劇。奮発して千穐楽は1等A席9500円。2階席の1番前。

ちょいメモ備忘録20151126-01

十一歌舞伎公演「通し狂言 神霊矢口渡」
由良兵庫之助信忠:吉右衛門/江田判官景連・渡し守頓兵衛:歌六/南瀬六郎宗澄:又五郎/新田小太郎義岑:歌昇/下男六蔵:種之助/傾城うてな:米吉/道者道念:橘三郎/代官犬伏官蔵:桂三/竹沢監物秀時・新田義興の霊:錦之助/新田の御代所筑波御前・頓兵衛娘お舟:芝雀/兵庫之助の妻港:東蔵

ちょいメモ備忘録20151126-02

序幕 東海道焼餅坂の場
前半は兵庫之助の妻、湊(東蔵)と新田義興の妻筑波御前(芝雀)の道中。東蔵さん、まさかのセクハラを受けている。けだものを見るような目で男たちを見る様がなんともリアル。でも最近お婆さん役が多い東蔵さんに女を漂わせられるとドキドキする。代官の犬伏官蔵(桂三)、足を120度くらいに開いて座る姿がきれいで立派。

後半は、徳寿丸を連れ逃走する南瀬六郎(又五郎)。又五郎さん、白装束をまとい凛として徳寿丸を守り抜く守る姿がかっこいい。主君のためという気持ちに溢れている。

ちょいメモ備忘録20151126-04

二幕目 由良兵庫之助新邸の場
通し狂言だけど、吉右衛門が登場するのはこの場だけ。でもこの場がもう一度見たくてリピしたのだ。

兵庫之助(吉右衛門)、まず姿が良い。でっかいことはイイことだって言いたくなるくらい、立ち居振る舞いが立派で見事。金と黒の衣装の映えること映えること。やっぱり役者、まずは見た目だ。そして、悪役ぶりが似合いすぎる。足利方に寝返り、妻に責められるも、「文句があるならとっととこの家から出ていけ(意訳)ーっ」と怒鳴りつけるあたり、憎々しいことこの上ない。

だけど本当の心は新田方。それが見え隠れするあたりから、今度は耐え忍ぶ兵庫之助が見どころ。新田の妻の目の前で、妻に責められ、南瀬六郎に責められ、口ではガハハと笑ってるけど、目はとっても哀しくて、必死に自分を支えている様が辛そうで辛そうで。でも耐え忍ぶ兵庫之助を見ていると、なんともたまらなくてもっと見たいと思って、東蔵さん、又五郎さん、もっといびってと思った私、サド?

子供を殺した後の呆然自失の表情、それでも足利方がまだいるから強がって見せる。竹沢監物秀時(錦之助)が帰ったので、真意を妻たちに吐露。笑いながら最後は子供のように顔を手で覆っておーいおーいと泣いてしまう。どんな役目を全うする立場にいたとしても、なんで自分がこんなことしなきゃいけないのだろうっていう、板挟みに思い悩むのは昔の人も今の人も一緒。嫌だったろう、つらかったろう。

ラスト、「物語り」をした後、日の丸をつけた金の扇子でデーンと右手を挙げて大きく見得。これが俺の生き様なのだという男の悲哀がただよっていた。

ちょいメモ備忘録20151126-03

三幕目 生麦村道念庵室の場、大詰 頓兵衛住家の場
大詰は良く上演されるらしいが、私は初見。頓兵衛娘のお舟(芝雀)が大活躍の場。

芝雀さん、一幕目の高貴な筑波御前も良いと思ったが、やはり一途な役がいちばん得意みたい。新田義岑(歌昇)へのラブラブ光線全開で、目がハート型になってるね、こりゃ。義岑が若干引くほど一途で、見ていてこっちが照れくさくなる。終盤、よく分からなかったのだが、義岑のために命まで差し出すとういこと?一目惚れした男への想いだけでそこまですることがやや唐突に感じた。以前から非道な父親をなんとかしたいと思ったゆえの行動なのか。

頓兵衛(歌六)、赤っ面の憎々しい役。床下から誤って娘を刺した直後だというのに、義岑たちの行方を気にしている。非道で人間としての大きさもない小物感がちょうどよかった。花道を引っ込むとき、変わった動きだなと思ったので調べたら、「蜘蛛手蛸足(くもでたこあし)」というらしい。音の鳴る刀(鳴り鍔(なりつば))を使っているとか。頓兵衛のひねくれキャラとに合っていて面白かった。

新田義岑(歌昇)、和事っぽい線の細いやさ男が似合っていた。台詞も所作も一つ一つ丁寧にこなしており好感が持てる。歌昇はこういう方向性で行くと良いのでは。隼人とかぶるが。傾城うてな(米吉)、クールで硬い女性。芝雀の思い込んだら一直線のお舟との対比が良くでている。

そして下男六蔵(種之助)、敢闘賞です。見た目は元の顔をうまく生かして(山田孝之似)、ちょいワルおやじ風。芝居も、良い意味で父又五郎さんやおじ歌六さんより軽く、底の浅いチンピラまがいの役を好演。お舟に言い寄って有頂天になったり、手柄を立てるためどうするか迷って花道をウロウロしたり、嫌な奴なのにだんだん憎めなくなってくる。最後に花道を引っ込むときは、観客も拍手喝采してた。

ラスト、舞台がぐるっと回転し、新田義興の霊(錦之助)が執念で江田判官を討つ。青い川をバックにお舟、新田義興の霊、頓兵衛と三人並ぶと壮観で、見応えありでした。

ちょいメモ備忘録20151126-05

国立劇場十一月、特に第二幕。私の好きな吉右衛門様が見られて感謝。特等席をとるべきだったか。

ちょいメモ備忘録20151126-06

スポンサーサイト
10:57 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

十一月歌舞伎座「実盛物語」「若き日の信長」「御所五郎蔵」

2015/11/23
吉例顔見世大歌舞伎、昼の部へ。ちょっと寝不足気味で嫌な予感が・・・。

ちょいメモ備忘録20151121-01

一、源平布引滝 実盛物語
斎藤実盛:染五郎/瀬尾十郎:亀鶴/郎党:廣太郎/郎党:廣松/九郎助:松之助/葵御前:児太郎/小万:秀太郎

昨年六月に菊五郎さんの実盛を見て感激し一応期待していたのだが、どうしても染五郎が実盛に見えなくて。菊五郎さんに引きずられすぎか。実盛って、小万を殺したと聞かされショックを受けたお父さん九郎助(松之助)が実盛にやり返そうとするも、実盛をみて出した手を引っ込めたり、小万の息子太郎吉に「大きくなったら討たれてやろう」とか言ったりする人間の大きさみたいなものが感じられるキャラだと思っていたのだが、どうしても染五郎が二十代で高級官僚に抜擢された成績だけは良い小役人に見えてしまって。ただ、本来の実盛の年齢からいえばちょうど染五郎くらいだろうし、リアル実盛ってことでこれでいいのだろうか。うーん、でもあの口跡がねえ・・・実盛が物語りをする口跡としてはあまりにも軽くて、ラスト、全員でラップみたいに物語るときも実盛だけ浮いていて。結局欲求不満が残ってしまった。

瀬尾十郎(亀鶴)、良かった。悪役は初めてみたけど、型?みたいなのができていて、口跡も含めおさまっていて感心した。憎々しさみたいなのはやや薄かったけど、実はイイ人だからこれでいいのかも。亀鶴、先月の国立劇場に引き続き今月も大活躍で期待大。葵御前(児太郎)、最初庶民的な衣装で登場したときは、気品はあれど木曽義賢の奥方と見まごうほどの高貴さは感じず。でもゴージャス衣装に変えてからは、風格もでた。九郎助(松之助)、庶民的な優しいお父さん。

そして小万(秀太郎)、正直配役を見て目を疑った。私の中で小万ちゃんは壱太郎のイメージだったもので。でもさすが秀太郎さん、息を吹き返した瞬間みずみずしい若さがしっかり感じられた。ほとんど横になってのお芝居だったのにすごい。ちょっとの動きで最大の効果。

ちょいメモ備忘録20151121-03

染五郎、要するに実盛のニンじゃないのかも。でも弁慶はニンでなくても見応えあったのだけど。

二、大佛次郎 作 守屋多々志 美術監修 若き日の信長
織田上総之介信長:海老蔵/弥生:孝太郎/五郎右衛門:亀寿/監物:九團次/甚左衛門:廣松/林美作守:市蔵/僧覚円:右之助/木下藤吉郎:松緑/平手中務政秀:左團次

十一世市川團十郎を偲ぶ作品です。
ちょいメモ備忘録20151121-02

信長といえば、傍若無人なふるまいをする、うつけ者・・・海老蔵、「地」でいけてないか?イメージ通りの信長で、すごくはまっていた。無造作な髪も野性的できれいだったし、自害した平手中務政秀(左團次)を偲んで酒を飲むときのカッとつり上がった怒りの目は大迫力。新聞には「リアルな迫力」とあったが、まさにその通り。でも、この先ずっとこの信長をやるわけにはいかないはず。本能寺の変で討たれる悲哀みたいなものを出していけるようになることを期待。

ちょいメモ備忘録20151121-04

平手中務政秀(左團次)、安定の忠誠心に厚いお父さん。海老蔵のうつけ者との良い対比になって芝居を盛り上げる。平手中務政秀の息子三兄弟、五郎右衛門(亀寿)・監物(九團次)・甚左衛門(廣松)。長男亀寿、次男九團次は年長らしい生真面目な役柄で、父を思うがゆえ信長に対する怒りを静かにためこむ。末っ子役廣松がずっと感情を盛り上げて号泣するまで大変そうだった。

木下藤吉郎(松緑)、似合っていた。気が利く信長の子分という役が良く似合い、信長に気に入られるのも分かる。松緑、実は子分肌なのか?林美作守(市蔵)安定のいけすかない役。弥生(孝太郎)、こういう健気な役は孝太郎には合っていないような。

ラスト、海老蔵の「人間五十年~」の舞いは体操のお兄さんみたいだった。踊りでもうちょっと見せてくれれば尚よろし。

三、河竹黙阿弥 作 曽我綉俠御所染 御所五郎蔵
御所五郎蔵:菊五郎/星影土右衛門:左團次/傾城逢州:孝太郎/梶原平蔵:松江/新貝荒蔵:亀寿/秩父重介:廣太郎/二宮太郎次:宗之助/花形屋吾助:橘太郎/傾城皐月:魁春/甲屋与五郎:仁左衛門

今月の芝居で一番期待していたのがコレです。

五郎蔵(菊五郎)と土右衛門(左團次)が登場、黙阿弥の七五調の台詞が聞こえてきたとたん、あぁ歌舞伎座に来てよかったなと思わせられる。昼の部のここまでのお芝居とは格が違う、レベルが違う。毎月毎月歌舞伎座に通って、ときどき消化試合みたいに感じることもあるのだけれど、本当はこういう大歌舞伎に巡り合いたくて私は歌舞伎座に通っているのだなと思う。いや、花形の成長を見るのも楽しいのだけれど、それもいつか大歌舞伎に進化するのを待つ楽しさだったりするし。菊五郎さんの「晦日に月の出る郭も、闇があるから覚えていろ!」ーかっこよかったなあ。

ちょいメモ備忘録20151121-05

傾城皐月(魁春)、愛想尽かしをするとき、消えそうになりながら体を震わせているのがすごく切なかった。傾城逢州(孝太郎)、機転の利く傾城で、孝太郎にこういう理知的な役は似合う。五郎蔵に殺されてしまう場面も美しかった。甲屋与五郎(仁左衛門)、ごちそうっぽい。この与五郎なら五郎蔵と土右衛門の喧嘩を止められるだろう。

菊五郎さんの熱く一本気で、悪く言えば単細胞の五郎蔵がはまってました。ただ黙阿弥のセリフ、ずっと聞いていると眠くなるのがたまにキズ。

ちょいメモ備忘録20151121-03

昼の部、舞踊がないのがちょっと残念だった。

08:22 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

市ヶ谷で旨辛和え麺

2015/11/20
国立劇場へ行く前に、市ヶ谷の「麺や庄の」へ。

ちょいメモ備忘録20151118-02

こちらが昔よく食べた「旨辛和え麺」。

ちょいメモ備忘録20151118-01

たぶん味は変わっていない。太目の麺に糸唐辛子、水菜、醤油だれよくからむ。パリパリの揚げ麺がうれしい。ただ、昔よりしつこく感じた。でもそう思うのは私が年をとったからだと思う。生卵をトッピングで頼むべきだったか。

23:32 麺・麺・麺 | コメント(0) | トラックバック(0)

十一月歌舞伎座「江戸花成田面影」「仙石屋敷」「勧進帳」「河内山」

2015/11/15
十一月、顔見世公演です。そして十一世市川團十郎五十年祭。夜の部で一等席を買うか一瞬迷ったけど、二歳児に大枚はたくのは間違っていると思い直し、3階席を確保。

歌舞伎座入口には海老蔵母と勸玄母の小林麻央ちゃんがおそろいで。菊五郎さん奥方が和史くんの手を引いてた。未来の團十郎だけでなく、未来の菊五郎にもお目見えできた。そうなればいいなあ。

一、江戸花成田面影  堀越勸玄 初お目見得
芸者お藤:藤十郎/鳶頭梅吉:梅玉/鳶頭染吉:染五郎/鳶頭松吉:松緑
海老蔵/初お目見得堀越勸玄(海老蔵長男)
家橘/市蔵/九團次/右之助/仁左衛門/菊五郎

ちょいメモ備忘録20151113-01

「堀越勸玄 初お目見得」です!これを楽しみに見に来た人が多いのだろうなあ。劇場内もいつもと違う賑わい。そんなに二歳児が見たいか?見たいんだな、これが。

幕が開くと、女手古舞が五人。「今日は、深川の成田不動尊のご開帳」。浅葱幕が落ちて、中央から藤十郎さん、梅玉さん、染五郎、松緑がせり上がる。

藤十郎さん、黒い衣装にふくよかな笑み、眼福です。梅玉さんの渋い踊りの後、松緑と染五郎の踊り。松緑、痩せて一瞬誰だか分からなかった。動きもシャープで良い感じ。私の中ではときどきイケメン枠に入ってます。染五郎二人と良いコンビ。若く美しい所作からパワーがみなぎる。

そして仁左衛門さんご登場。仁左衛門さんがニコニコしているとこっちもニコニコ、おめでたい気分に。仁左衛門さんが声をかけ、花道から菊五郎さん、海老蔵、勸玄くんご登場。

勸玄くん、お父さんに手を引かれ花道をひょこひょこ歩く。泣きそうに見えなくもない。二歳児なんてお父さんに習って扇子前に手をちょこんと置くだけでかわいいわ。そして「堀越勸玄でございまする~」。ちょっと声がしわがれてたけど、ちゃんとご挨拶できました。また扇子をちゃんと着物の中にしまって、それもかわいい。

最後に藤十郎さんの音頭で関東風に三・三・七拍子。勸玄くんもちゃんと手を叩いてた。ええもん、見せてもらいました。

二、元禄忠臣蔵「仙石屋敷」
大石内蔵助:仁左衛門/堀部安兵衛:権十郎/間十次郎:松江/富森助右衛門:亀寿/大高源吾:亀鶴/磯貝十郎左衛門:児太郎/大石主税:千之助/伴得介:梅丸/谷土源七:橘太郎/不破数右衛門:松之助/吉田忠左衛門:市蔵/桑名武右衛門:秀調/鈴木源五右衛門:家橘/仙石伯耆守:梅玉

ちょいメモ備忘録20151113-05

四十七士が舞台に収まるだけで壮観。緊迫感ただよう。そして仁左衛門さんがそれはそれは一生懸命に、内蔵助の命がけの思いを表現していた。大石主税(千之助)、内蔵助の息子らしくきちんと台詞を言えてた。

仙石伯耆守(梅玉)の公明正大で余裕のあるお殿様もいい。堀部安兵衛(権十郎)と不破数右衛門(松之助)のやり取り、権十郎さんの重みのある台詞回しと照れくさそうな松之助さんの表情が良かった。大高源吾(亀鶴)、忠誠心ある四十七士がめちゃめちゃ似合う。吉田忠左衛門(市蔵)、亀蔵さんと区別がつかない。磯貝十郎左衛門(児太郎)、立役が新鮮。

・・・完成された舞台のはずなのに、なんで眠くなるのかなあ。3階からだと仁左衛門さんがずっとうつむき加減だからか。休憩中めでたい焼きを食べたのが失敗だったか。

三、歌舞伎十八番の内 勧進帳
武蔵坊弁慶:幸四郎/源義経:松緑/亀井六郎:友右衛門/片岡八郎:高麗蔵/駿河次郎:宗之助/常陸坊海尊:錦吾/太刀持音若:左近/富樫左衛門:染五郎

ちょいメモ備忘録20151113-04

幸四郎、必死だった。問答も延年の舞いも、必死で命がけ。歌舞伎役者の意地をかけて弁慶役を守ろうとしているかのよう。弁慶というより弁慶の役を守ろうとする職人にみえた。

若く、颯爽とした富樫(染五郎)と対照的。顔立ちの似ている富樫(染五郎)が生き生きとしていて力強い分、弁慶の必死さが際立ち、なんか見ていて辛くなってしまった。染五郎ももっと幸四郎に合わせてやれよと思うが、親子の芸の継承というのはこれだけ厳しいものなのかもと思ったりもして。

義経(松緑)、最初の演目では痩せたと思ったのに、義経の化粧をするとぷくっと子供のように見えるのはなぜだろう。義経役は微妙~と思ってみていたが、「判官、おん手~」のところと、衣装をさっと返すあたりでは気品が出ていた。

四天王は最強です。高麗屋さんが弁慶をやるときはいつもこの四人なのだろうか。チームワークは完璧だろう。四天王が富樫に詰め寄る場面は迫力。

ラスト、大向こうがすごい。「待ってました」「弁慶日本一」「たっぷりと」等々。そして手拍子も。大向こうのせいで、弁慶の客席に向けての礼が、義経に向けての礼でなく観客に向けての礼に見えてしまう。でも幸四郎があんまり必死なので、それを称える意味での大向こうなのかも。

四、天衣紛上野初花 河内山 松江邸広間より玄関先まで
河内山宗俊:海老蔵/高木小左衛門:左團次/宮崎数馬:九團次/腰元浪路:梅丸/北村大膳:市蔵/松江出雲守:梅玉

ちょいメモ備忘録20151113-03

初見です。

河内山宗俊(海老蔵)が面白かった。海老蔵、きれい。目の色気がすごい。黒子で輪をかけて色っぽくなる。少々マンガチックではあるが、今の海老蔵でしか出せない色気だ。腹黒で狡猾、計算高い。それでいて何をしでかすか分からない残酷さと冷徹さもあって。今、他の役者でこういうキャラクターを出せる人はいない気がした。ただ海老蔵も十年後にこの役を同じようには演じられないだろうけど。 正体を顕したときは、普通に江戸っ子べらんめえに早変わり。こちらの海老蔵は何度も見たことある役の気がして、唐突に感じた。

松江出雲守(梅玉)、かなり勝手な性格のようで梅玉さんに合わない気がしたが、海老蔵とやり合っているうちにどんどんそれらしく見えてきた。

海老蔵の宗俊、面白かったけど、本当にこれが本来の宗俊なのか少々不安。一度吉右衛門でみてみたい。

ちょいメモ備忘録20151113-02

顔見世は華やかで楽しい。来週は昼の部だ。

11:07 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

「麺と日本人」 (椎名 誠 (その他))

2015/11/02
麺ずき、旅ずきが高じて始めた雑誌の連載の裏話が明らかになる椎名誠の「うどんのお詫び」をはじめ、渡辺淳一が札幌の薄野でバイト時代に初めて口にした思い出の味を記した「消えた正調ラーメン」、相撲を見た帰りなどによく立ち寄る店の風景を描いた山口瞳の「浅草並木の藪の鴨なんばん」など、食通たちが麺についてのこだわりを語り尽くす。ここでしか読めない短編を30編以上収録した、読んで美味しい究極の一冊(「BOOK」データベースより)。

麺と日本人 (角川文庫)

麺っ食いなもんで。速読しがちだけど、この本は味わうように読んだ。そばとうどんの話が多い。藪蕎麦は、昔から量は少なくつゆの味が濃いらしい。

16:26 エッセイ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。