11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

十二月歌舞伎座通し狂言「妹背山婦女庭訓」

2015/12/28
十二月二十六日、歌舞伎座夜の部千穐楽。2015年の芝居おさめは通し狂言「妹背山婦女庭訓」。お三輪ちゃんを「杉酒屋」「道行道行恋苧環」を七之助が、「三笠山御殿」を玉三郎が演じます。
ちょいメモ備忘録20151226-01

近松半二 作 通し狂言 「妹背山婦女庭訓」

「杉酒屋」
杉酒屋娘お三輪:七之助/烏帽子折求女実は藤原淡海:松也/入鹿妹橘姫:児太郎/丁稚子太郎:團子/後家お酉:歌女之丞/家主茂儀兵衛:権十郎
「道行恋苧環」
杉酒屋娘お三輪:七之助/入鹿妹橘姫:児太郎/烏帽子折求女実は藤原淡海:松也

お三輪ちゃん(七之助)、おきゃんな下町娘が求女に一途でかわいい。昼の部の八重垣姫でも一途だったけど、七之助は下町娘の方がやっぱり似合う。というか七之助が一途な娘役をやると下町娘にしか見えなくなるという。

淡海(松也)と橘姫(児太郎)、役を一生懸命なぞっている。お役になりきるのはまだ先か。特に道行で七之助のお三輪が登場したとき、七之助が全部持って行った感があったときそれを感じた。二人はまだまだ七之助と経験値が違うしね。烏帽子折求女実は藤原淡海(松也)、化粧もうまくなり、すっきりした二枚目。ただ、クールな印象でお三輪ちゃんがここまで惚れるほどのインパクトは感じず。入鹿妹橘姫(児太郎)、あまり苦労していない可憐なお嬢様。まだまだですな。

丁稚子太郎(團子)、ちゃっかり者。長屋のみんなとのびのびと踊っていて好印象。ややふっくら気味。
ちょいメモ備忘録20151226-02

「三笠山御殿」
杉酒屋娘お三輪:玉三郎/漁師鱶七実は金輪五郎今国:松緑/宮越玄蕃:亀三郎/荒巻弥藤次:亀寿/入鹿妹橘姫:児太郎/烏帽子折求女実は藤原淡海:松也/豆腐買おむら:中車/蘇我入鹿:歌六

玉三郎さんのお三輪!うら若い娘の醸し出すはかなさが舞台全体を包み込む。玉三郎に可憐な娘役がこれほどまでに似合うとは。中村座で七之助のお三輪で「三笠山御殿」をみたときは、いじめの場面の後味の悪さばかり残ったが、今回はお三輪の娘としてのいじらしさ、愛おしさをより引き立てる場面になっていた。「疑着の相」はあくまで崩さず、それもまた玉三郎のお三輪の一面。ラスト、淡海=求女の役に立つことができたとわかり嬉しそうな表情をするお三輪の最期をみて、「三笠山」は恋に命をかけるお三輪の悲劇であることを実感。あまりに切なくて胸が痛くなった。

ちょいメモ備忘録20151226-04

杉酒屋に引き続き、求女(松也)と橘姫(児太郎)が頑張ってる。求女(松也)、杉酒屋よりさらにクールで、橘姫への冷徹な対応に説得力。

いちばん最初の鱶七(松緑)と蘇我入鹿(歌六)のやり取り、会話の内容がまるっきり聞き取れず。松緑は通常運転。ラスト、四天との立ち回りのあたりでは、見得も口跡も決まってたのだが。歌六さんはいつもと違う発声。「公家悪」ならではの発声なのだろう、少々聞き取りづらいのも予定のうちか。おどろおどろしさはないが、冷たく怪しい印象。

豆腐買おむら(中車)、普通に良かった。出番が短いせいもあるのだろうが、私には普通の女形に見えた。
ちょいメモ備忘録20151226-03

十二月歌舞伎座、玉三郎さんのすごさを実感。今年もいっぱい歌舞伎がみられて幸せでした。

ちょいメモ備忘録20151226-05

16:07 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

Merry Christmas Eve's Eve

2015/12/25
12月23日、前倒しで簡単クリスマスディナー。

メニューはローストチキンレッグ、海老グラタン、紫イモのスープ、トマトとアボガドのサラダ。
ちょいメモ備忘録20151223-03

ローストチキン、毎年同じレシピ。漬けこむだけで美味しくなるのって幸せだ。少々焼きすぎたけど。サラダはもっとさっぱりした素材にすべきだった。

恒例のりんごのクランブルケーキ。今年はリンゴを規定の2倍量にしてみたら、崩れやすく型から取り出しづらく。ケーキ感が薄れたという意見と、さっぱりして美味しいという意見。
ちょいメモ備忘録20151223-04

皆さま、Merry Christmas!


08:35 日々 | コメント(0) | トラックバック(0)

高田馬場で家系ラーメン

2015/12/25
高田馬場の家系「侍ラーメン」へ。今年9月にオープンしたお店です。ラーメン屋の入れ替わりが激しい場所。
ちょいメモ備忘録20151223-02

「侍ラーメン」を注文。
ちょいメモ備忘録20151223-01

すっきりしたスープが、とてもおいしかった。家系は苦手な私でも大満足。ただ家系の味ではないのかも。

08:24 麺・麺・麺 | コメント(0) | トラックバック(0)

十二月歌舞伎座「本朝廿四孝」「赤い陣羽織」「重戀雪関扉」

2015/12/20
十二月歌舞伎座昼の部公演。花形中心なので3階B席。

ちょいメモ備忘録20151218-04

一、本朝廿四孝 十種香
八重垣姫:七之助/武田勝頼:松也/腰元濡衣:児太郎/白須賀六郎:亀寿/原小文治:亀三郎/長尾謙信:市川右近

文楽では見たことあるけど、歌舞伎では初見。

八重垣姫(七之助)、お姫様が恋に恋して勝頼さまに一途な思いをつのらせる。おきゃんな下町娘という感じの「七之助の八重垣姫」でした。うーん、なんとなくコレジャナイ感。七之助の恋に恋する役は親しみやすさと愛嬌が滲み出る。お姫様はもっと気品と風格があるのではないかと。

ちょいメモ備忘録20151218-01

武田勝頼(松也)、すっきりした二枚目。松也のこういう役は初めて見るかも。気品があり紫の裃姿もよく似合っており意外だった。腕を折り曲げずっと停止しているのは大変そう。もっとこういうお役に慣れればさらに上手くなりそう。

腰元濡衣(児太郎)、とてもきれい。黒い衣装が似合う。冷静沈着に八重垣姫と勝頼の仲を取り持つ。でもどうやら濡衣の恋人は死んだ偽勝頼らしい。その悲しみは伝わってこなかった。

「翼が欲しい」を楽しみにしていたのだが、このセリフは「奥庭」の段なのですね。これで歌舞伎三姫を一応制覇したことに満足。

二、赤い陣羽織 木下順二作 坂東玉三郎演出
お代官:中車/お代官のこぶん:亀寿/女房:児太郎/お代官の奥方:吉弥/おやじ:門之助

姿がよく似ている夫の取り違え話。よくもまあ中車が凝りそうな演目を次々と。分かりやすくて面白かった。中車が一番コミカル。

村民がズーズー弁(?)を話す村、という設定?お代官(中車)がいちばんズーズー全開。他の人たちもそれっぽく話しているけど、やや抑え気味。女房(児太郎)が頑張ってたけど、それでも控えめ。ズーズーが抑え気味だと方言をしゃべっているのか伝わりづらいから台詞をズーズー弁にする意味がなくなるけど、でもやりすぎると完全コメディになり下品になるし、あんばいが難しい。

ちょいメモ備忘録20151218-02

おやじ(門之助と女房(児太郎)夫婦は、ずっとイチャイチャしているバカップルなんだけど、下品じゃなく、こんな夫婦になりたいと思ってしまえる仲の良さ。

おやじ(門之助)、上品な顔立ちなのにゲジゲジ眉をつけて、もったいないような。だけどゲジゲイのおかげで門之助さんの顔の長さが愛嬌ある顔立ちように見えてきて。笑わせる間とか、さすがに上手い。女房(児太郎)、すごい綺麗。だけど、世話女房、恋女房らしさもちゃんと出ていて、可愛かった。芝雀さんみたいに一途な恋女房役を極めるのも夢じゃない。

最後にどーんと出てくるお代官の奥方(吉弥)。その場を制する風格がある大奥様。かっこいい。ただ、お代官と奥方(吉弥)、夫婦には見えなかった。

馬の孫太郎、でかっ。

途中、役者が客席に降りて手拭いを放るサービスあり。児太郎が一階から三階まで来てくれた!手拭いは全然届かなかったけど、近くに来てくれて嬉しい。その後あっという間に一階に戻ってた。さすがラグビー部で鍛えた脚力。

三、重戀雪関扉
関守関兵衛実は大伴黒主:松緑/小野小町姫:七之助/良峯少将宗貞:松也/傾城墨染実は小町桜の精:玉三郎

今年の二月に幸四郎、菊之助で見たばかり。今回は墨染と小町桜の精は玉三郎さんということで期待。観客も玉三郎が出る演目となると少々浮足立っている。

玉三郎さん、出番は最後の三十分くらい?でも久々にお目見えした玉三郎さんは、やっぱりおきれい。墨染はとてもはかなげで健気。小町桜の精は闘う女戦士。ラストの目力が勇ましい。少々お年を召したが、それも含めて舞台全体を支配する墨染、小町桜の精の空気を醸し出す力はやっぱり別格と感じた。

ちょいメモ備忘録20151218-03

関守関兵衛、大伴黒主(松緑)、痩せたのに、かえって線が太くなったような。所作が決まって、一つ一つの見得が絵になる。関兵衛の腹に一物ある感じが良く出ている。ぶっかえりもかっこよかった。小野小町姫(七之助)、八重垣姫で七之助に赤姫は似合わないと思ったが、小野小町は気品と可憐さを兼ね備えており、宗貞を恋い慕う一途さもみせ、風格十分。良峯宗貞(松也)、和事っぽい役もそれなり似合っている。もう一つ色気と柔らかさが欲しいけど、どんどん良くなりそう。私が松也贔屓なのは、化粧をすると癖のない正統派二枚目の顔立ちで、最近の役者さんにいないタイプだと思うからなのだが、どうでしょう。

歌舞伎座もクリスマス。今年も残りわずかです。
ちょいメモ備忘録20151218-05


08:39 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)

十二月国立劇場 「通し狂言 東海道四谷怪談」

2015/12/15
国立劇場、十二月は「東海道四谷怪談」の通し狂言。高麗屋親子の登板。

ちょいメモ備忘録20151214-04

 「通し狂言 東海道四谷怪談」
民谷伊右衛門、石堂右馬之丞:幸四郎/伊右衛門妻お岩、小仏小平、佐藤与茂七、大星由良之助、鶴屋南北:染五郎/小汐田又之丞:錦之助/赤垣伝蔵:高麗蔵/矢間十太郎:松江/近松半六:竹松/お岩妹お袖、千崎弥五郎:新悟/秋山長兵衛、大鷲文吾:廣太郎/喜兵衛孫娘お梅、大星力弥:米吉/奥田庄三郎、竹森喜多八:隼人/関口官蔵、織部安兵衛:宗之助/医者市谷尾扇:松之助/四谷左門:錦吾/薬売り藤八、金子屋庄七:桂三/按摩宅悦、小林平内:亀蔵/伊右衛門母お熊:萬次郎/直助権兵衛、仏孫兵衛:彌十郎/伊藤喜兵衛、原郷右衛門:友右衛門

ちょいメモ備忘録20151214-05

「四谷怪談」は歌舞伎座杮落しで一度見た。菊之助がお岩、与茂七、小仏小平、伊右衛門が染五郎。丁寧な芝居をする菊之助のお岩が印象的だった。

今回はお岩、与茂七、小平、それから大星由良之助と鶴屋南北を染五郎、伊右衛門と石堂右馬之丞を幸四郎。染五郎がお岩???というのが配役を見た感想。だが意外にもはまっていた。昨年九月「秀山祭」の「紅葉狩」で染五郎の女形をみたときは、もう染五郎は立役しかできないと思ったのだが、今回のお岩さん、結構似合っていた。菊之助のお岩は綺麗な人が醜くなってしまう惨さが哀しい、ある意味虚構のお岩。染五郎のお岩はもっと生々しい。

特に二幕目、産後の肥立ちが悪くやつれきったお岩の悲惨さが良く出ていた。細い身体で容色も衰え女性らしさもなくなり、乳飲み子に乳をやるのがやっと。夫伊右衛門(幸四郎)がお岩と一緒にいて嫌気をさすのも分かる。幸四郎もよかった。伊右衛門の根の暗さ、辛気臭さ、底の浅さが良く出ていた。

二人の貧しい生活はすごくリアルで、みていてこちらまで辛くなるほど。「こんな生活、もうやってられない」と伊右衛門が思うのも納得。このリアルさがあるから、伊右衛門が伊藤喜兵衛に唆され女房を捨てる気になるのも納得。

高麗屋親子がこんな辛気臭い夫婦をリアルに演じられることに驚き。染五郎、自分の醜い顔を宅悦に無理やり見せられる瞬間の間、鏡を持つ角度が忘れられない。

ちょいメモ備忘録20151214-06

直助権兵衛(彌十郎)、江戸っ子風味が出ているいなせな悪人。悪役なのにスマートでかっこいい。彌十郎さんのこういうお役は新鮮。宅悦は、歌舞伎座での市蔵さんの枯れた宅悦が私のイメージする宅悦。亀蔵さんの宅悦は、伊右衛門が不義を仕掛けるよう強要する相手としてはしっかりしすぎ。小汐田又之丞(錦之助)、是が非でも討ち入りに参加したい志士の忠義が伝わる。ソウキセイを飲んで足が全快するところがかわいい。伊藤喜兵衛(友右衛門)、娘のことばかり考える自己中心的な父親らしさ。今後老け役が増えそうな予感。

米吉(お梅)、通常運転。お梅は欲しいものを何でも手に入れる魔性を秘めたイメージなのだが、米吉のお梅はひたすらおぼこい。かわいいけどね。伊右衛門母お熊(萬次郎)、意地悪ばあさん全開。奥田庄三郎(隼人)、無駄にかっこいい物乞いと思ったら隼人だった。ほっかむりしてもかっこいい。流し目でイチコロ。関口官蔵(宗之助)、イイ感じのやさぐれ加減。でも宗之助は女形でみたい。お岩妹お袖(新悟)、一筋縄でいかなそうな気の強い女性。四谷左門(錦吾)、芯の通った父親。

ちょいメモ備忘録20151214-09

「四谷怪談」、はやはり集客力があるのか、いつもより劇場はにぎわっていた。十二月に怪談かよと思ったけど、「四谷怪談」はそもそも忠臣蔵の派生物語なわけで、実際に見るとあまり違和感なく。脚本も年末を意識して最初と最後に忠臣蔵の要素を多分に盛り込んでいたせいもあるだろう。通し狂言で見られたのは収穫。

ちょいメモ備忘録20151214-07  ちょいメモ備忘録20151214-08

12月14日、この日は忠臣蔵討ち入りの日。で、クロコちゃんが太鼓叩いてロビーにお目見え。討ち入りの日なのに、ご機嫌なクロコちゃん☆

13:30 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »