09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「花散る頃の殺人 」 乃南 アサ

2016/10/16
『凍える牙』で、読者に熱い共感を与えた女性刑事・音道貴子。彼女を主人公にした初の短編集。貴子自身がゴミ漁りストーカーに狙われて、気味悪い日々を過ごす「あなたの匂い」。ビジネスホテルで無理心中した老夫婦の、つらい過去を辿る表題作など6編。家族や自分の将来に不安を抱きつつも、捜査に追われる貴子の日常が細やかに描かれる。特別付録に「滝沢刑事と著者の架空対談」(「BOOK」データベースより)。

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 (新潮文庫)


女性刑事の日常ってこんな感じ。


10:38 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)

「鎖」  乃南アサ

2016/10/14
東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。ところが、この星野はエリート意識の強い、鼻持ちならぬ刑事で、貴子と常に衝突。とうとう二人は別々で捜査する険悪な事態に。占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、貴子は銀行関係者を調べ始める。が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる(上)。貴子が目を覚ますと、廃屋に監禁され、鎖で手足を縛られていた。一方、行方不明の貴子を救出するため特殊班が編成され、かつて彼女と組んだ滝沢刑事も加わる。やがて犯人らの巧妙な現金奪取計画が明らかになり、貴子も犯人の中の女性を説得し、懸命に本部との連絡を試みる。が、特殊班はなかなか潜伏先に辿り着けない。ついに貴子の気力・体力も限界に―。傑作『凍える牙』の続編(下)。(「BOOK」データベースより)

鎖〈上〉 (新潮文庫)

鎖〈下〉 (新潮文庫)


監禁の描写、監禁場所を見つける経緯等の描写にリアリティ。主人公のキャラがイイ。


23:26 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |