07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「蒼天航路」

2010/09/24
三国志についてあまりにも無知であるため借りて読みました。
最初はさっぱり分からず首をそんなに切らなくてもと思いながら。

2回読み、ようやく面白くなる。
男性漫画のキャラクターに深みがないという認識が改まりました。
年齢とともにちゃんと変遷を重ねています。

以下、登場人物の感想等。

曹操。才能を重視する魏の権力者。
破天荒。若いころは残酷なだけに思えたけど、だんだん素敵に。
頭に針を刺しまくって治療しているシーンがかわいい。

荀(じゅんいく)。軍師。
初登場時はかわいい少年。元気でおちゃめ。
曹操への尊敬の念と儒教の教えの狭間で苦しみ亡くなる。涙なしには読めない。

関羽。
子に「関平」「関安」「関康」と名付ける。
女性の「なんて平凡。でもあなたらしい。まるで千年の命を授けられたかのよう」
というセリフが好き。

郭嘉(かくか)。軍師。
最初は目が釣り上がっていて受け付けなかったが、
軍師の仕事を夢中にこなしているのをみてお気に入りに。
曹操と語りながら亡くなるシーンが印象的。

劉備入蜀前の成都を治めていた劉璋が、「毅然!」といい領国を守ろうとするが、
降伏勧告の使者として現れた簡雍に
「蜀の道端に遊んでる子供らァ、みんなきれいに笑っていたぜ。」
「ありゃ、ただ保つってだけじゃあ、ありえねえ顔よ」と説得され降伏を決意し、
「簡雍。伴をなさい」
「そいじゃあ...遠慮なく...お手を引かせていただきやしょう。」
と手を差しのべられて降伏するシーン(331話)がお気に入り。

蒼天航路 全18巻 完結コミックセット (講談社漫画文庫)

00:08 漫画 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。