10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

七代目中村芝翫さん

2011/10/11
中村芝翫さんが10月10日、83歳で亡くなられました。
私が舞台で直接観賞した歌舞伎役者さんの訃報は、
今年1月3日に亡くなられた中村富十郎さんに続きお二人目です。

芝翫さんの舞台を観賞した回数は数えるほど。
それでも、芝翫さんの女形はとても印象に残りました。

その独特のお顔立ちであらわす女形は、ただ控えめなだけの町娘とは一線を画します。
もののけにも変じかねない女の情念が表れていました。
踊りの所作は、非常に細やかで丁寧なのですが、それがかえって妖気を導いていました。
それだけの妖気を放ちながら、一歩引いたお芝居をなさるので、気品が失われません。

渡辺保さんが朝日新聞の夕刊で
「六代目歌右衛門以降の代表的な女形は近代的で等身大の人間を演じたのに対し、
芝翫さんは現代離れした、異様ともいえる風格が圧倒的だった。
芸のたたずまいが古風な女形だった」と書かれていますが、正にこの通り。

今、芝翫さんに代わる女形は、ちょっと思いつきません。

もっともっと芝翫さんの出演する舞台を生で見たかった。
舞台で艶やかに踊る芝翫さんを見たかった。
新しい歌舞伎座で演ずる芝翫さんを見たかった。

残念でなりません。

心よりお悔やみ申しあげます。


23:08 歌舞伎もろもろ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。