10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「アトランティスのこころ」 上・下 スティーヴン・キング

2012/06/30
初めてのキスは乾いていて、なめらかで、日ざしのぬくもりをたたえていた――1960年の夏、ボビー、キャロル、サリー・ジョンの仲良し3人組は11歳だった。夏に終わりがこないように、永遠に友情が続くと信じていた彼らの前に、ひとりの老人が現れる。  テッド・ブローティガン。  不思議な能力を持つ彼の出現を境に、世界は徐々に変容し始める。張り紙、路上のチョーク、黄色いコートの男たち。少年と少女を、母を、街を、悪意が覆っていき――。  あまりにも不意に、あまりにもあっけなく過ぎ去ってしまう少年の夏を描いた、すべての予兆をはらむ美しき開幕(「BOOK」データベースより)。

アトランティスのこころ〈上〉 (新潮文庫)   アトランティスのこころ〈下〉 (新潮文庫)

ベトナム戦争が若者たちに及ぼした痛みがわからないせいか、
少々わかり難い面も。

上巻のラストがよかったかな。

スティーヴン・キングは初めて読んだのだが、こんな感じ?

16:59 外国・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。