06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「オーケストラ」

2012/08/20
ロシアのボリショイ劇場清掃員として働くアンドレイは、かつては天才指揮者として知られていたが、共産主義政府によるユダヤ人排斥政策に従わなかったため、楽団を追われた過去を持っていた。そんな彼はある日、パリの劇場がキャンセルした楽団の代わりとなるオーケストラを探しているという情報を得る。音楽界復帰のチャンスと思った彼は、追放されていたかつての楽団員達を集め、『ボリショイ交響楽団』としてパリにいくことを計画する。演目はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲。アンドレイはソリストとしてある女性バイオリニストを指名する。彼女とともに演奏することもアレクセイの目的であった。それには過去のある事情が関係しており…(wikipediaより)

オーケストラ! [Blu-ray]




大学でロシヤ語を外国語として選択したけど、ロシヤ語映画をみるのは初めてかも。
この映画をみて、「生きたロシヤ語」をはじめて耳にした気がする。
教室で無機質に感じていた言葉が、とても躍動的で生き生きとしていた。

出てくる登場人物の多くに、どこかで見たような既視感を覚えた。
妙に親しみを感じるお髭のチェリストとか。

抜け目ない偽オーケストラの団員たちが、コンチェルトに間に合うのか、
まともな演奏ができるのか、結果はほぼ予想通りだけど、
それはそれで楽しめた。

08:36 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。