07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「黒猫」 エドガー・アラン・ポー

2012/08/23
黒猫の存在が許せずに、残虐な方法で殺戮。
ついでに妻も。

こういう事はしないと思うのに共感してしまうのは、
私自身に残虐な一面が存在するから。

以下、抜粋。

「人 は、掟を、単にそれが掟であると 知っているだけのために、その最善の判断に逆らってまでも、その掟を破ろうとする永続的な性向を、持っていはしないだろうか? この天邪鬼の心持がいま言ったように、私の 最後の破滅を来たしたのであった。 なんの罪もない動物に対して自分の 加えた傷害をなおもつづけさせ、とうとう仕遂げさせるように私をせっついたのは、魂の自らを苦しめようとする――それ自身の本性に暴虐を加えようとする――悪のためにのみ悪をしようとする、この不可解な切望であったのだ。」

黒猫 (集英社文庫)

せっかくスマホを買ったので、何か、アプリを使ってみよう!
ということで青空文庫ヴユーア「青空読手」をダウンロード。
そして「黒猫」をダウンロードして読みました。

そりゃあ紙の本を手に持って読みたいけれど、せっかくの青空文庫。
有効利用するには、読み放題・無料・手軽の電子媒体がお得なんだなあ。

14:38 外国・小説(旧) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。