07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「誘拐の果実」 真保裕一

2012/09/04
「身代金」は入院患者の命だ! 標的は病院に身を隠していた実業家。挑戦か、陰謀か。悪魔のゲームの幕開けか。そして同時期にもう一つの誘拐が…。逆転に次ぐ逆転! 衝撃と興奮の書き下ろし傑作巨編(「BOOK」データベースより)。

誘拐の果実

夢中になって一日で完読。
文体は東野よりはちょっと硬い感じ。

子供を死なせてしまった罪滅ぼしを行うという動機は納得できるけど、
そのためにの手段として、あまりに大勢の人を巻き込み過ぎではないか。

最後にあっさり犯人が善い人になったのもやや無理を感じる。
筋は通ってるけど、人格変わりすぎ。

その意味で結末に違和感は残るけど、読み応え十分。
結末以外に不満はないです。

たぶんこの作者の小説はまた読みます。

15:47 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。