08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「発火点」 真保 裕一

2012/11/22
12歳の夏――。
浜に倒れていたあの人。母のため息。家に寄りつかない父。
――そして事件は起こった。
21歳の今、あの夏の日々を振り返る。刑期を終えたあの人が帰ってくる……。
罪と罰の深淵を見つめる魂の軌跡(Amazonより)。

  発火点

前半は、なかなか読み進められなかった。
それは、主人公の重荷が伝わってきたから。

後半に行くにつれ、殺人者の動機、すなわち「発火点」が気になりだし、一気読み。

結局、愛する女を殺めることができたことに優越感を持ったことが許せなかったということらしい。要となるこの優越感が、私には理解できなかった。

08:33 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。