07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 東野圭吾

2013/01/14
あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は……。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。すべての人に捧げる、心ふるわす物語(Amazonより)。

   ナミヤ雑貨店の奇蹟

久しぶりの東野。だって、なかなか文庫本が出ないんだもの。この本もさんざん待ったあげく、あきらめてソフトカバーのモノを買ったのです。東野は自炊する人と文庫本は嫌いな気がしてきた(泣)。

この本、東野作品では、私的に久々のヒット。いや、他のも好きなんだけど、例えていうなら「容疑者Xの献身」並みのヒットということ。「秘密」「時生」が好きな人にお勧めの作品ということだったけど、この2作品が苦手な私は「ナミヤ」も無理だと思っていたんです。でも、外れました。

だいたいタイムスリップモノは好きなんだ。ドラえもんの原始時代に戻る話しとか、お父さんお母さんのプロポーズ現場をのぞきに行く話しとか。ドラえもん自体が壮大なタイムスリップものだし。もっと早く読めばよかった(でも、時生は苦手)。

「ナミヤ」のタイムスリップは、平成の時代から昭和をさかのぼるというもの。自分の知っている時代を振り返っているだけなのにわくわくするのはなんでだろう。

私も悩んだとき「ナミヤ雑貨店」に相談しにいきたい。今ネットに相談コーナーがあふれているけど、ナミヤのおじいさんはもっと真剣に考えて答えてくれそう。最後はちょっとあっさりしている気がするけど、バランス的にはあれでOK。

19:08 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。