07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

七月花形歌舞伎 昼の部

2013/07/07
通し狂言 加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ) 骨寄せの岩藤

enomi20130707 -01 enomi20130707 -02 enomi20130707 -03

  発 端 多賀家下館奥庭浅妻舟の場
  序 幕 浅野川々端多賀家下館塀外の場、浅野川々端の場、浅野川堤の場
  二幕目 八丁畷三昧の場、花の山の場/三幕目 多賀家奥殿草履打の場
  四幕目 鳥井又助内切腹の場/大詰 多賀家下館奥庭の場

岩藤の霊☆鳥井又助:松緑/二代目尾上☆お柳の方:菊之助/望月弾正:愛之助
蟹江主税:亀寿/又助妹おつゆ:梅枝/花園姫:右近/奥女中関屋:廣松/又助弟志賀市:玉太郎/松浪主計:廣太郎/梅の方:壱太郎/花房求女:松也/若党勝平:松江/蟹江一角:権十郎
多賀大領☆安田帯刀:染五郎

歌舞伎のエッセンスを満載した黙阿弥の傑作
加賀百万石のお家騒動を題材とした『鏡山旧錦絵』では、召使いのお初が主人の中老尾上を自害へと追いやった局岩藤を討ち、その功により二代目尾上に取り立てられます。この作品はその後日譚で、野晒しにされていた岩藤の骨が寄せ集まって岩藤の亡霊が現れ、再び恨みを晴らそうとすることから、〝骨寄せの岩藤(こつよせのいわふじ)〟と通称されています。岩藤の満開の桜の中での舞台上の宙乗りや、草履打ち、鳥井又助の切腹など、怪談物としての見せ場と生世話の味とを巧みに絡ませた黙阿弥らしい趣向に富んだ作品をお楽しみください(公式HP)。

七夕に行ってきました、7月花形歌舞伎。大学時代の友人と「加賀見山再岩藤」。通し狂言は初めて。

感想は・・・長い。腰が痛い。今まで歌舞伎はなぜぶつ切りで上演するのだろうと思っていたが、それなりに意味があるのだなあ。でも、通しでみられる面白さも当然あるわけで。

一番印象に残ったのは松緑演ずる岩藤がふわふわと飛ぶ場面。日傘をさし、桜咲き乱れる春の山をバックに宙乗り。骨寄せから復活する岩藤はおどろおどろしいイメージだったのだけれど、桃色の春の山の中をとぶものだから、それはもうファンタジーの世界。岩藤のお化粧もかわいいし。

骨寄せの場面も骨がピカピカに光ってシュール。この演目、幽霊を登場させて涼しさを味わう納涼歌舞伎とは違った。

そして、鳥井又助内切腹の場も見所。松緑(二役)の鳥井又助、梅枝の妹おつゆ、玉太郎の弟志賀市、松也の花房求女、染五郎の安田帯刀かな。各々ががそれぞれの役柄を全うし熱演。見ごたえがあり。ただ、この場面、昼食後ということもあり、睡魔が・・・。ああ、もったいない。覚えている限りでちょいメモ。

松緑は、踊りよりこういうお芝居の方が見ていて楽しい。あの世代にいないタイプの骨太の演技を期待。以前気になった口跡も気にならない。染五郎は、私の記憶がとんでる。中村玉太郎の琴、よかったなあ。芸達者な子役さん。中村松江さんの長男ですね。尾上松也はイケメン。ファン多そう。中村梅枝もきれい。

台本を事前に読んだら、梅の方、花園姫、花房求女、おつゆが活躍する場面がけっこうあったので、若手の演技が堪能できると楽しみにしていた。確かに花房求女、おつゆは活躍。でも、壱太郎の梅の方と右近の花園姫の出演はあっという間に終わる。梅の方なんて台詞を一通り言った直後に殺されてしまった。まあ、まだまだ20歳前後の若手をメインにするわけにはいかないか。

草履打の場は、菊之助の尾上と松緑の岩藤、女形二人の争いが面白い。女どうしの立ち回り(?)。女が女を殴る喧嘩はあまりないから。見得を切るのも新鮮だった。

今回の愛之助の望月弾正は仁左衛門を彷彿させる。少し軽い仁左衛門。もう少し重みと色気が加わったらいろんな役ができそう。菊之助は悪玉お柳の方より善玉尾上の方が似合っている。

原作とだいぶ違うのが気になった。多賀大領は染五郎は側室お柳の方をスパッと切って終わりだし、能天気。原作だとお柳の方は主君への不孝を反省して、弾正を手引きしてその槍にかかり、多賀大領の身替りとなって死ぬのに。通し狂言でも時間の都合上はしょるのは仕方ないか。

enomi20130707 -04
木挽町広場で撮影したポスター。

23:12 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。