05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

「陰陽師 瀧夜叉姫」 夢枕 獏

2013/09/18
鬼が女の頚に、ぞぶりと噛みついていた…。平安の都に次々起きる怪事件。やがてそれらが都を滅ぼす恐ろしい陰謀へと繋がって行く。晴明と博雅が立ち向かう相手とは?シリーズ待望の大長編(上)。首のない屍体が、びくりと背を反らせる…晴明と博雅は俵藤太らとともに、平将門の死の謎を追ううちに、彼の遺灰を盗み出した者がいたことを突き止める。背後に蠢く邪悪な男の正体は―(下)。(「BOOK」データベースより)。

陰陽師 瀧夜叉姫 (上)

陰陽師 瀧夜叉姫 (下)

歴史物は苦手なので、気合を入れて。一見分量は多いが、散文調でさくさくと読み進められた。瀧夜叉姫が全然出てこないーと思ったのだが、読み返したら実はしょっちゅう顔を出していたみたい。蛇、蜘蛛の登場、百鬼夜行との遭遇、虫を使っての瘡の治療などなど、安倍晴明や平将門と魑魅魍魎が跋扈する平安の世界を満喫。20年前がその時代を生きた人にとって、ほんの一昔前に過ぎないのは今も変わらず。

00:02 歌舞伎戯曲等 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示