08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「第三ユーモア小説集 」 遠藤 周作

2013/11/04
留学生活を終えて帰国し、女子学生と結婚した頼りない亭主の、涙と笑いの貧乏譚「うちの女房、うちの息子」、死の臭気漂う青春を過した2人のくたびれた中年男の哀歓を描いた「入営の日」等、ユーモアの香辛料で味つけされた12編を収録。優しい眼で静かに見守るぬくもりが、行間からほのぼのと漂い出す名編(Amazon)。

第三ユーモア小説集 (講談社文庫 え 1-15)

遠藤周作は「海と毒薬」しか読んだことがなかった。あれはあれで面白かったのだが、おどろおどろしいエッセイ短編集は読む気になれず、今回ようやく手に取った。

もっと早く読めばよかった。おどろおどろしさゼロ。どの短編もユーモアたっぷりで読んでいて本当に楽しい。1923年(大正12年)生まれの作者が謳歌した青春時代や、作家として名を成した当時の雰囲気を楽しめるのもいい。

23:07 日本・小説(新) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。