07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「タブーの謎を解く―食と性の文化学」 山内 昶

2013/11/22
タブーとは何だろうか。およそ人類史上、タブーのない社会は古今東西どこにも存在しなかった。未開社会だけではない。現代都市の若者のあいだでもタブーはひそかに息づいている。なぜ人間は、古来から近親婚を禁じたり、イスラム教が豚肉、ヒンドゥ教が牛肉、あるいは仏教が肉食一般を禁止したように、性や食の禁制を社会のなかに仕掛けておかなければならなかったのか。人間の原思考が生み出した奇怪な文化装置であるタブーの謎にスリリングに迫る(「BOOK」データベースより)。

タブーの謎を解く―食と性の文化学 (ちくま新書)

「人間はカオスを明確な意味秩序空間に変えなければ、世界を認識できず、自分の存在を確信できない」(p.132)。

そして、「タブーとは、カテゴリーの明確な対立に関して異例なカテゴリーに適用される」。「AB二つの言葉のカテゴリーがあるとして、Bは《Aでないもの》と定義され、その逆もまた真であるとき、この区別を仲介する第三のカテゴリーCがあって、AB両方の属性を共有すれば、そのときCはタブーである」とリーチは説く(p.148)。

また、他から切断された個物の「固有性が不完全な場合には不純で不潔」であり、「他物、つまり他のカテゴリーと接触し、交錯し、混在することは不浄で、思っただけでもおぞましい出来事」とされ、タブーとされる。(p.167)と筆者は説く。

これを食のタブーにあてはめると、
・コウモリは鳥類なのに哺乳類のネズミのような顔をしているから食べなかった。
・ウシがインドで食禁なのは、ウシが家畜でありヒトと動物の中間域に属するから。
・イスラムでブタが食禁なのは、草食動物と肉食動物の中間に位置する雑食動物であり、また、家畜であったから(p.153)。

これを性のタブーにあてはめると、
・隣人の妻との姦通の禁止は、私の妻/隣の妻の境界を越界することになるから。
・同性愛の禁止は、ホモは種の保存のために本来異性に向かうべき性欲がその対象を取り違えた結果だから。
・動物との獣姦の禁止は、人間と動物のカテゴリーの区分の蹂躙だから(p.159)。

他にも、
・同じおかずを二人一緒に箸でつまむなの禁は、自分と他人のカテゴリーの混合のせい。
・「敷居を踏むな」のタブーは、一本の棒が外から内への侵入を防ぎ(敷居が高い)、内部を防御する高い城壁(敷居を跨がせない)となっているのに、敷居そのものは「アンビヴァレントで曖昧なリーメン」にほかならず、その上に立つとコスモスから転落してカオスの中に沈み込む」。西洋でも、敷居は「神秘的なものが取り憑いているとの観念」「超自然的な危険の宿る所だという観念」が存在した(p.133)。

-------------------------------

食と性のタブーを統一的に理解している事にまず驚く。当然だと思っていることが、そもそも何らかのタブーを前提としていることに気づかされた。近親婚のみ許容しそれ以外は許さない社会があっても不思議ではないのだ。難しかったが面白かった。

08:16 風俗・民族・社会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。