09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

十二月大歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」 夜の部

2013/12/16
12月9日、歌舞伎美人で手に入れた戻りの3B席8列目で夜の部を鑑賞。

           enomi20130420-04.jpg

五段目 山崎街道鉄砲渡しの場、同 二つ玉の場、六段目 与市兵衛内勘平腹切の場
早野勘平:染五郎/斧定九郎:獅童/女房おかる:七之助/母おかや:吉弥/判人源六:亀蔵/千崎弥五郎:高麗蔵/一文字屋お才:萬次郎/不破数右衛門:彌十郎

獅童の流し目、格好よかった。きれいな定九郎。11月の松緑は滑舌のよさが妙に印象に残ったが、獅童の定九郎を観た後は、そんなに台詞があったっけという印象。二人の違いが如実。高麗蔵の千崎弥五郎。最初の場面で引っ込む直前の台詞まわしがいい。

勘平役の染五郎、無難にこなしている。器用な人かも。どれもそれなりに演ずる。ただ印象に残らない。11月の菊五郎の勘平完成版にいつか近づけるか。一文字屋お才役の萬次郎さんと「ふふっ」と笑いあう場面、菊五郎と魁春さんの二人が演ったときは、笑う意味さえわからないが不気味で異様で忘れられなくなる。そういう不気味さが染五郎の勘平にはまだ無い。

萬次郎さんの一文字屋お才は、貫禄があって商売人に徹しているおかみ。綺麗だった。七之助のおかる。いつも通りきれいな娘さん。後ろ姿で勘平と別れる辛さを表現。亀蔵の判人源六。おかるを一文字屋に連れていく調子のよい判人。元気がでる口跡。吉弥のおかや。ごく普通に暮らす母親が夫を殺された辛さ。

七段目 祇園一力茶屋の場
大星由良之助:幸四郎/寺岡平右衛門:海老蔵/竹森喜多八:松也/富森助右衛門:廣太郎/大星力弥:児太郎/斧九太夫:錦吾/赤垣源蔵:亀三郎/遊女おかる:玉三郎

やはり印象に残るのは七段目。11月との違いが面白い。

11月の芝雀のおかるは一途でかわいい。勘平のことが好きで好きでたまらない。12月の玉三郎のおかるは、ちょっと気の強い末娘。玉三郎のちゃんとした芝居を見たのは、はじめての気がする。寺岡平右衛門役の海老蔵、頑張って役作りしたなぁ。兄妹にはみえないが、幼なじみにはみえる。でも、由良之助がおかるを身請けする理由がわかり「読めた!」と叫ぶ場面、11月の梅玉さんと比べると、口跡、間の取り方も今一つ。芝居の上手い下手って間の取り方で如実に出てしまうよう。

幸四郎の由良之助、11月の吉右衛門より合ってるかも。私にしては珍しい結論。酔っぱらった役が上手いのか。でも、最後の決め台詞も魅せてたし、討ち入りへの悲壮な決意が全般に漂う。

由良之助の真意を確かめようとする武士たち。亀三郎は仇討ちへの強い意思、激しくまっすぐな性根が伝わる。松也はそれなり。廣太郎、とりあえず仇討ちする意欲があるようにみえるよう、頑張って。目が泳いでる。錦悟の斧九太夫、安定感。

大星力弥役の児太郎、無難にこなしてた。お父さんが休演ということで、つい大きく拍手。そして小山三さん。元気にお芝居しているのをみると、こちらも元気がでる。

二か月連続の忠臣蔵。あらすじはほぼ把握。11月で幹部役者のすごさを実感、12月では華やかさを楽しんだ。

07:19 鑑賞記録 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
今月は昼夜とも海老蔵で持っているようなものだと思いました。それぞれがニンの役でそれなりにやっている中、成田屋初めての師直、絶世の美男の勘平、庶民感覚の平右衛門など、実にストーリーをリードしていて驚きました。
父親がいるときは父親の台詞回しまで真似しなくてはならないような感じでしたが、師直は左團次、平右衛門は吉右衛門に習いに行き、特に吉右衛門は初日、2日目と舞台袖で見ていたようです。
玉三郎が海老蔵コケれば皆コケると言っていたのは、今日の歌舞伎界も含めてのようですが、どうやら、コケなくてよろしいようですね。
No title
コメントありがとうございます。
今月の海老蔵は努力の跡がみえましたね。舞台が終わって思い浮かぶ場面のほとんどに海老蔵がいました。海老蔵のスター性に、左團次、吉右衛門からの芸の継承が加われば、怖い物なしだなと思います。
これからも頑張ってほしいです。

管理者のみに表示