09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「部落史50話」 中尾 健次

2014/02/24
“被差別”の状況にあった人びとが、どのように生き、どのような仕事を残してきたのか、歴史的事実を通して再現する。時には喜びや悲しみを共有しながら、「にんげん」の生きざまを具体的に紹介する(「BOOK」データベースより)。

部落史50話

平安、室町、鎌倉、江戸時代までさかのぼった部落に住む人の生活、生業が客観的に記されている。鍛冶屋、藍染する青屋、皮革の仕事に従事する皮多村など。鍛冶屋の硬い鉄を溶かす技術が理解できず、魔法のように感じたり、青屋の化学変化を駆使した藍染の技術におののいて、「ケガレに触れる」として偏見を持つようになる。その思考そのものは責められない気がする。

エッセイ風で読みやすい。

12:30 社会科学 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示