09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

初文楽!「御所桜堀川夜討」「本朝廿四孝」

2014/02/27
2月24日、初文楽。Fさん、Yさんと。千秋楽で、熱気を感じた。

人形、演奏者、舞台横の字幕。3方向ともみたくて、ずっとキョロキョロ。前から3番目の席で、舞台横の字幕が見づらい。

テレビで文楽を見ると、後ろのの人形遣いの方が気になり行く気になれなかったのだが、意外なことに、ほとんど気にならなかった。一人の浄瑠璃語りが登場人物の全員の声を語るのも気にならない。というより、人形ごとに別の人が語っているように聞こえて驚いた。

「御所桜堀川夜討」弁慶上使の段
中 竹本三輪大夫、鶴澤清馗/奥 豊竹英大夫、竹澤団七

卿の君:桐竹紋秀/妻花の井:吉田 蓑二郎/腰元信夫:吉田 一輔/母おわさ:吉田 和生/侍従太郎:吉田 文司/武蔵坊弁慶:吉田 玉也/腰元:大ぜい

弁慶が信夫を亡き物にした後、弁慶と母おさわが号泣する場面で、娘が亡くなった後なのに、二人で派手に踊りまくって感情表現しているところに違和感。もう少し静かに娘を思えばいいのに。これが文楽?

「本朝廿四孝」
「十種香の段」  切 豊竹嶋大夫、豊澤 富助
「奥庭狐火の段」 豊竹呂勢大夫、鶴澤清治/ツレ 鶴澤清志郎/琴 鶴澤清公

花作り簑作 実は武田勝頼:吉田玉女/八重垣姫(十種香):吉田 簑助/腰元濡衣:吉田文雀/長尾謙信:桐竹勘壽/白須賀六郎:吉田勘市/原小文治:吉田玉佳/八重垣姫(奥庭狐火):桐竹勘十郎

「十種香の段」。八重垣姫が後ろ姿で勝頼様を思う姿や、踊る姿は、雀右衛門のよう。「人形に命が吹き込まれる」ってこういうことなのだ。「十種香の段」はあまり動きがないけど、だからこそリアル。「奥庭狐火の段」は白狐が3匹?登場。動きもあり、にぎやかで、楽しかった。

このポスター、お気に入りです。
enomi20140224-01.jpg

12:06 文楽鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示