06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

コクーン歌舞伎「三人吉三」

2014/06/27
Hさん、Fさんと三人で東急本店8Fのうなぎ屋さん「伊勢定」で待ち合わせ。うなぎ定食をしっかり食べ終わってから周りを見回すと、食事をしている人の多くが切符を手にしている。なんだかみんないそいそ。「コクーンってどっちですか?」「おっ、実は私たちもです。ご一緒しましょう(←本当にこういう会話をした)」。ってなわけで、いざ、コクーン歌舞伎へ。久々の中村座のお芝居、いまさらながら渋谷で歌舞伎って斬新だ。

入り口へ行くとすごい行列。女性ばっかり。決して若い人ばかりじゃないけど、歌舞伎座の行列とはちょっと違う。良い意味でミーハーっぽい雰囲気。勘三郎の奥様が、入り口でお馴染みさんにご挨拶。売店では、赤茶サングラスの太巻さんこと古田新太さんがなんか飲んでた。ビール?

enomi20140627-02.jpg


渋谷・コクーン歌舞伎第十四弾 「三人吉三」
演出・美術:串田 和美   
和尚吉三:中村勘九郎/お嬢吉三:中村七之助/お坊吉三:尾上松也/十三郎:坂東新悟/おとせ:中村鶴松/海老名軍蔵・八百屋久兵衛:真那胡敬二/太郎右衛門・長沼六郎:大森博史/堂守源次坊:笈田ヨシ/土左衛門伝吉:笹野高史/研師与九兵衛:片岡亀蔵

舞台開始前、与九兵衛の亀蔵さんと 太郎右衛門の大森博史さんがお互いを平場席を探し回ってる。すでにいつもの歌舞伎と違う雰囲気。亀蔵さん、「松島屋」って大向こうに対して恐縮した様子で「あ、ありがとうございます」って応えてるし。歌舞伎役者以外の起用、話の間合い、所作、下座音楽がないこと等など、コクーンというキャパが小さい劇場を最大限生かすために、必要な範囲で歌舞伎らしさを排除。新しいと思う。

ただ私は歌舞伎の間合いが好きだし、歌舞伎の口跡じゃないと満足できなくなってしまっているから、一番楽しめたのは三人とも歌舞伎役者の「三人吉三」による黙阿弥の七五調の台詞。まずお嬢吉三の七之助とお坊吉三の松也の掛け合いでぞくぞく。和尚吉三の勘九郎も登場しさらに興奮。三人そろった見得は綺麗だった。

おとせの鶴松は、口跡は時々男っぽいんだけど、所作が女の子らしくて本当にかわいい。一途でけなげで。十三郎の新悟は、儚げ。どうしてこの人が線の細さとは無縁の彌十郎さんの息子なんだってのはともかく、結構お気に入り。愛おしくて応援したくなる二人。

大詰。雪が降るわ降るわ、観客も平場席5列目くらいの人まで頭が真っ白。降らせた分、舞台も真っ白。お嬢吉三の振袖は赤く、お坊吉三の衣装は青。そして褌姿の和尚吉三。絵のような色彩が素晴らしく、その中で生き生きと、でも必死に立ち回る三人吉三のスピード感。若い三人のエネルギーと気迫が漲る舞台でした。

松也はお坊吉三らしくちょっと生意気、でも男気と色気のある若者に。七之助のお嬢吉三は女の振りをした男らしく、色気と蓮っ葉さをあわせ持つに娘に。そして勘九郎の和尚吉三は三人をまとめるだけの統率力と貫禄あるリーダーに。それぞれ力の限り出せるものを出し切った舞台。特に勘九郎。声を張ったとき、父勘三郎に声と表情が酷似している。そこに中村一門を担っていこうとする強い意志も読み取れる。その決意は悲壮なほど。

enomi20140627-01.jpg

23:13 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。