08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「めぐりあう時間たち」

2014/07/29
「私が花を買ってくるわ」とダロウェイ夫人は言った。この書き出しから始まる小説『ダロウェイ夫人』を1925年に書いた女性作家ヴァージニア・ウルフは、1941年に夫レナードへ感謝の書き置きをして川へ入水自殺した。現代のニューヨーク・マンハッタンで暮らすクラリッサ・ヴォーンは、詩人で小説家である友人のリチャードのために花を買いに行く。花束は賞を受賞したリチャードの受賞祝いのためのもの。彼はHIVウイルスに侵され死が迫っているが、花屋の主も本のことを知っているくらい有名なのだ。クラリッサはダロウェイ夫人とあだ名されていた。1951年ロサンゼルスで、妊娠しているローラ・ブラウンのことを夫は気遣う。ローラは『ダロウェイ夫人』を読んでいた。誕生日の夫のお祝いを息子リッチーとしないといけないと思う。が、なにかがうまく行っていないと感じていた。1923年イギリス、ロンドンのリッチモンドで、ヴァージニアはあの『ダロウェイ夫人』を書き出していた。ダロウェイ夫人の1日を書こうと思いついたのだ。
1923年のイギリス・リッチモンドでのヴァージニアの1日
2001年のニューヨーク・マンハッタンでのクラリッサの1日
1951年のロサンゼルスでのローラの1日
時間・場所の違う3人の女性の1日がはじまり、めぐりあっていく(Wikipedia)。

めぐりあう時間たち [DVD]




テーマは置かれた場所で果たすべき自分の役割と、本来の自分とのギャップに悩む女性たち? 面白かった。時を超えて3つの話が同時に進む構成。あと、同じ出来事に対する3人の反応の違い。「ダロウェイ夫人」を読めば絶対もっと面白いはず。主役3人の女優さんがイイ。綺麗。特にニコール・キッドマン。

15:11 映画鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。