10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

"Holes" by Louis Sachar

2014/08/06
Stanley Yelnats is under a curse. A curse that began with his no-good-dirty-rotten-pig-stealing-great-great-grandfather and has since followed generations of Yelnats. Now Stanley has been unjustly sent to a boys' detention center, Camp Green Lake, where the warden makes the boys "build character" by spending all day, every day, digging holes: five feet wide and five feet deep. It doesn't take long for Stanley to realize there's more than character improvement going on at Camp Green Lake. The boys are digging holes because the warden is looking for something. Stanley tries to dig up the truth in this inventive and darkly humorous tale of crime and punishment—and redemption.(背表紙)

Holes

伏線をちりばめた構成がこの本の醍醐味だと思うのだが、一度だけでは伏線の意味が分からずじまい。伏線をネットで確認し、再度読み直し。面白かった。

矯正施設とは名ばかりで、その実態は所長の宝探しのためのキャンプという設定だが、主人公は結果的に肉体的にも精神的にも矯正され成長。友情や昔のロマンスもからめて。"I can fix that."と言って"学校をあちこち修理してくれたSam。Katherineが"My heart is breaking"といったときも"I can fix that". キーワードはonionとpeach。

09:02 英語・児童書 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。