07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

十月歌舞伎座「野崎村」「近江のお兼」「三社祭」「伊勢音頭恋寝刃」

2014/10/08
10月歌舞伎座は、十七世中村勘三郎さん二十七回忌、十八世中村勘三郎さんの三回忌追善公演。入り口にお二人の遺影が飾られており、手を合わせる。十八世の遺影前には手形もあり、係員の方に「触っていいですよ」と言われ、思わずスリスリ。歌舞伎座外には今回の芝居を演じた勘三郎さんたちの写真が飾られており、以下でご紹介。

一、新版歌祭文(しんぱんうたざいもん) 野崎村
お光:七之助/久松:扇雀/お染:児太郎/久作妻おさよ:歌女之丞/久作:彌十郎/後家お常:秀太郎

昼の部は10月2日、7日の2回観劇。この5日間で七之助のお光が格段に可愛くなっていた。初回は自己中心的な恋をするお光がなぜ出家するのか疑問だったが、2回目を見て、いじらしくけなげなお光が久松と夫婦になることをあきらめたら、もはや出家の道しかなかったと納得。

お光、本当にかわいい。田舎娘には見えなかったけど、大根を切る包丁と鏡を両方持ってしまう場面とか、木戸でお染とやりあうときの身のこなし、腰をかがめるところとか、まだ世間を知らない幼い娘。今の七之助でなければできないお光ちゃん。髪を切ってからのお光は、出家を決意したものの、未練たっぷり。心は尼になりきれていない。名セリフ「うれしかったはたった半刻」 では茫然自失。切ない。

enomi20141007-01.jpg

一方情けない男、久松。奉公先のお嬢さんとの間に子供を作って、でも義父との手前お光のことは裏切れなくて。自分では何も決められないイライラさせられるタイプ。扇雀さんの久松は女形だけあって柔らか味があり、いかにも恋愛のいざこざに巻き込まれそう。

彌十郎さんの久作の「お夏清十郎」の下りは5日間でテンポがよくなり聞き取りやすくなった。児太郎のお染はちょっと重い。お光ちゃんが可愛すぎてお染が憎らしくなるという。

ところで野崎村って現代にもありそうな三角関係だけど、現代ならお染久松は心中するより、二人で新しい生活をはじめるかせいぜい駆け落ちが関の山。お光だって、友人に「また新しい出会いがあるよ」って慰められて終わり。なのに出家、心中になってしまうところが野崎村。心中を決意しているのだから、久松を情けない男、お染を身勝手な女とは言い切れないのかも。

ラスト、みんなで死ぬ死ぬ言って悲愴(ちょっとうっとうしい)な雰囲気になったあと、義太夫がじゃんじゃん聞こえて、駕籠かき(中村橋吾さん登場)が着物を脱いで裸になって。このへんの対比がこの芝居の一番の見所なのかも。

二、近江のお兼、三社祭 
近江のお兼:扇雀、悪玉:橋之助/善玉:獅童

扇雀さんの近江のお兼。新体操みたいに晒しをひらひらと大きくたなびかせて華やか。両腕の負担は大変なものだろう。琵琶湖畔でお馬さんを手なずけたり、男の人をやっつけたり、田舎で生き生きと暮らしてそうな闊達な娘さん。

enomi20141007-03.jpg

三社祭。悪玉と善玉ってビフィズス菌もでてきそうだ。二つの違いが良く分からなかったのだが。橋之介はのびやかに踊ってた。獅童も元気に踊ってたけど、ドタバタしてるようにも見えたりして。がんばれ!清元が意外にも漁師の雰囲気に合ってる。

enomi20141007-05.jpg

三、伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)
油屋店先、同 奥庭
   
福岡貢:勘九郎/油屋お紺:七之助/今田万次郎:梅玉/油屋お鹿:橋之助/油屋お岸:児太郎/仲居千野:小山三/藍玉屋北六実は岩次:桂三/徳島岩次実は北六:秀調/仲居万野:玉三郎/料理人喜助:仁左衛門

enomi20141007-02.jpg

事前に予習と称して仁左衛門の福岡貢を見たのが良かったのか悪かったのか。今回の伊勢音頭とは、別物だった。

勘九郎のぴんとこな福岡貢は若旦那と呼ばれそうな(侍だけどね)普通の若者。お紺が好きで、万野にいじめられるとむかっときて、お鹿をうまくあしらえなくて。ごく普通にお家再興のために頑張るの図。七之助のお紺はけなげに愛想尽かし。ただ「折り紙」を取り戻すための愛想尽かしには見えなかった。

玉三郎の万野が「貢さーん」といいながら色っぽく貢をいたぶる掛け合いが一番面白かった。もう恋愛に縁もなさそうなお局が若者をいたぶるの図。

お鹿に橋之助を起用するということは、はなから笑える役にするという意図なのか。こういう役なのか。田之助様のお鹿は、貢が好きで好きでたまらないのに、一生懸命貢にお金を貢いだのに、全否定されてプライドがずたずたになって、可哀想で可哀想でたまらなかったのだが。お鹿の泣けるくどきを楽しみにしていただけに残念。これが三津(以下略)。

児太郎のお岸は、頭の回転の早そうな腰元。小山三さん、お声が昨年より小さくなったみたいで心配。2度目に登場しても拍手喝采。

そして仁左衛門様の喜助。若様を見守る料理人みたい。不思議な主従関係だ。立ち居振る舞いがきれいだなあ。腕、足の造作も良いのだろう。なんてことのない仕草に見とれてしまう。下坂交換場面で「おっと、よしよし」 と言いながらぐるっと一周するだけで上方の雰囲気。ただ、きれい過ぎて浮いているといえば浮いている。

ところでなぜ貢はあんなに人を殺したのか。貢はそんな狂気を持ち合わせる人物ではないと思うのだが。万野にいじめられたからか。お家再興の責任を感じてか。青江下坂が狂気をもたらしたのか。いまいちよく分からなかった。あれだけ人を殺しておいて、最後にあっさりめでたしめでたしって三人で見得を決められても。お家再興どころじゃないんじゃないか。

あと、あまり比較してもなんだが、仁左衛門の貢では、玉三郎の万野が貢を好きに見えたんだよな。だからこそ、あそこまで貢をいじめたのだと思うし、万野が貢に殺される場面も好きな人に殺される場面としてなんとなく納得できた。でも、今回の万野は貢に思いを寄せているようには見えない。岩次、北六と組んだため苛めていただけなのか。やや消化不良でした。

そして、今回10月2日、7日に行って得た教訓。2日目の観劇は早すぎるということと、2階席は音が聞き取りづらいということ。3階席の半分も聞き取れないんだもの。18000円払っているのにあれはないでしょ、と思うのは私だけ?

18:57 鑑賞記録 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
初カキコよ♪
友達の人です。鰯良かったですよね。
田之助さんファンのあなたの気持ちは分かりますが、お鹿は「可哀想」と同情されては失敗な役じゃないでしょうか。
振り返ってもらえない恨みに罪のない貢を陥れる(お金貢いだのはウソよ)役どころだもん。
ちょっと愚かでかわいいとこもある悪役ポジでしょう。
お鹿があんまり可哀想になると、必然的に主役の貢の人間性に対する心証が悪化するから今月の橋之助さんの役作りは割と正解なんじゃないでしょうか。
って田之助さん、仁左衛門さんの伊勢音頭観てから言えってコメントでごめんなさいよ。
気が向いたらまたコメントしに来るです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。