05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

文楽「伽羅先代萩」「紙子仕立両面鑑」

2014/12/10
先月歌舞伎で感動した先代萩。文楽でも見てみたくて、国立劇場小劇場へ。
enomi20141209-02.jpg

「伽羅先代萩」
竹の間の段
政岡:豊竹咲甫大夫/八汐:豊竹始大夫/沖の井:豊竹靖大夫 /小巻:豊竹希大夫/鶴喜代君:豊竹咲寿大夫/千松:竹本小住大夫/忍び・腰元:豊竹亘大夫/鶴澤清友
御殿の段
前:竹本津駒大夫、鶴澤藤蔵/後:豊竹呂勢大夫、鶴澤燕三

八汐:桐竹勘十郎/沖の井:吉田一輔/鶴喜代君:吉田玉誉/千松:吉田玉翔 /乳人政岡:吉田和生/小巻:桐竹紋臣/忍び:吉田玉彦/栄御前:吉田勘彌 /腰元:大ぜい

まだまだ文楽素人なので、間近できく義太夫の迫力にいちいち驚き、圧倒される。政岡、八汐が女同士争う迫力は先月より上。印象的な子供のセリフは歌舞伎とほぼ同じかな。先月はなかった「飯(まま)炊き」の場面があったと思う。見られて良かった。泣くほどひもじいのを見てかわいそうになると同時に、自分もお腹がすいてしまった。

実は歌舞伎と文楽で結構違うときいていたのだが、あまり大きく違うとは思わなかった。若干寝落ちしたせいか。

enomi20141209-04.jpg

「紙子仕立両面鑑」 大文字屋の段
中:豊竹芳穂大夫、鶴澤清馗/後:竹本千歳大夫、鶴澤富助

番頭権八:吉田玉也/母妙三:吉田簑一郎/大文字屋栄三郎:吉田幸助/手代忠兵衛:桐竹亀次/丁稚:吉田和馬(12/4~10) 吉田簑之(12/11~16)/下女:桐竹勘介(12/4~10) 吉田玉路(12/11~16)/嫁お松:吉田清五郎/万屋助右衛門:吉田玉女/手代伝九郎:桐竹紋吉/仲仕:大ぜい/女中:大ぜい

助六と揚巻の心中事件をもとにしているという予備知識があったので、二人の登場を楽しみにしていた。が、助六も揚げ巻きも出ない…。二人が駆け落ち?したことで振り回される周囲の人達のお話。いやあ、駆け落ちって周りに迷惑なんだ、気軽にするもんじゃないねぇ、と同情してしまうような、そんなお話。

前半の豊竹芳穂大夫の義太夫はテンポがよい。きいてて楽しくなってくる。後半の竹本千歳大夫、声色も表情も豊かで時々お人形そっちのけでお顔に見いってしまう。

最後、お松を誘拐しようとした番頭さんたちを懲らしめる場面は完全に笑わせる事を狙っていると思う。2箇所で同時にお人形さんたちの立回り。紐で番頭さんを吊し上げてどったんばったん。良くできてるなあ。文楽のセットって手作り感満載だけど、非常にシステマティック。

今年最後の文楽。文楽も歌舞伎同様、見れば見るほど分かる事があるのだろう。来年は行く回数が増えそう。

00:41 文楽鑑賞 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示