05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014年☆歌舞伎・映画・本

2014/12/31
1月、「壽三升景清」でとちり席で見る江戸荒事の迫力に圧倒され、浅草の「上州土産百両首」で巳之助の弟分的かわいさに参り、3月、「勧進帳」で完全に持っていかれ、「封印切」で追いつめられる忠兵衛に手に汗握り、4月、「曽根崎心中」で心中をリードするお初の強さに恐れ入り、6月、コクーン歌舞伎で雪の中を舞う「三人吉三」に気が遠くなり、「名月八幡祭」で吉右衛門の狂気の雄叫びに震撼し、「実盛物語」は菊五郎と義太夫の掛け合いが心地よく、7月、「天守物語」で海老蔵玉三郎の美男美女にうっとりし、8月、「輝虎配膳」で声にならない声をきき、10月、「鰯賣戀曳網」で勘三郎のあったかさを思い出し、「傾城反魂香」で吉右衛門の吃又の努力が報われたのが心底嬉しく、11月、染五郎の「勧進帳」で新弁慶の誕生に立ち会い、「伽羅先代萩」で藤十郎の政岡と義太夫の抜群の間合いに号泣し、12月、「伊賀越道中双六」の「岡崎」で理不尽な勤めを果たす武士の哀しさをみました。

enomi20141231-01.jpg

私的2014年歌舞伎No.1は吉右衛門さん菊五郎さん藤十郎さんの「勧進帳」。古典の強さ。

文楽では、「恋女房染分手綱」の沓掛村の段、住大夫さんの声が今も耳に残る。そして愉快な「不破留寿之太夫」。映画は「アバウト・タイム 愛おしい時間について」。「バグダットカフェ」は音楽が印象的。本は「Charlotte's Web」と「きのね」。

来年もこんなに歌舞伎を見られるか、それは2015年のお楽しみ。

22:20 歌舞伎もろもろ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示