08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

壽初春大歌舞伎「番町皿屋敷」「女暫」「黒塚」

2015/01/08
新年初歌舞伎は、歌舞伎座夜の部です!お正月の歌舞伎って華やかな気分になれるから、こんなに歌舞伎を見るようになる前から大好き。
ちょいメモ備忘録20150106-03

一、番町皿屋敷
青山播磨:吉右衛門/腰元お菊:芝雀/並木長吉:桂三/奴権次:吉之助/柴田十太夫:橘三郎/放駒四郎兵衛:染五郎/渋川後家真弓:東蔵

お正月気分を粉々に打ち砕く演目、番町更屋敷。なんでこの演目を選ぶかなあと不満タラタラ。でも、今回はとちり席なんです!同じ1等席でもとちり席は見える世界が全然違う。これより前でも後ろでもいけない。華やかな舞台で表情豊かに生き生きと動く役者さんたち。日常とかけ離れた歌舞伎の世界に浸れる最高の席。楽しまなきゃ。

前半は青山播磨と幡随院長兵衛の子分と出くわし喧嘩を始めたところ、東蔵さん演ずる伯母真弓が諌める展開。染五郎の放駒四郎兵衛は御所の五郎蔵を思い出すが、五郎蔵ほど喧嘩っ早くない、理を尽くすタイプ。東蔵さんの伯母さん、頼れるしっかり者の気品あるおばさん。播磨が「散る花にも風情があるなあ」と言って桜を見上げる表情にうっとり。琴の音は、このお芝居で唯一感じた正月らしさ。

後半、お菊が青山播磨の心を疑い家宝の皿を割ってしまう。芝雀さんのお菊、いかにも嫉妬深そう。一つ疑いが晴れてもまた新しい疑いを自分から探してしまう。結婚しても夫の浮気を常に疑い、現代なら夫のスマホの履歴をチェックするタイプ。こういう女っていつの時代もいるのね。そんなお菊の疑う心に、青山播磨が激怒する。「吉原にも行ってない、お酌も女の子にされてない」って言って、結局お菊を殺してしまう。私に言わせれば、そこまで猜疑心、嫉妬心の強い女だって見抜けていないのに妻にすると決めた播磨にも落ち度があると思うのだが。若く未熟な二人の招いた悲劇ですね。

吉右衛門の青山播磨、裃を着て座る姿勢がいかにも若い。女は自分がリードするものという一本気な若者。結婚前の若者というにはちと年輩に見えたが、演じなれているだけあって感情の起伏が分かりやすい。芝雀のお菊も嫉妬、動揺、絶望する細やかな心の過程が手に取るようにわかる。吉右衛門のお菊の呼び方(「きくぅ」のように「く」を強く発音する)が印象的。そして激高する吉右衛門こと播磨の口跡に酔えて幸せ。

ちょいメモ備忘録20150106-01

橘三郎さんの柴田十太夫、「気ぜわしい」って言われてたけど、本当、気ぜわしそうにトコトコトコトコずっと歩いててちょっとかわいい。吉之助さんの奴権次、一生懸命お菊をかばう好青年。いい人だなあ。お菊を井戸に運ぶとき、芝雀さんのお尻が大きくて重そうだった。

いろいろ文句を言っていたが、きっちり練られたお芝居が見られて結局満足。

二、女暫
巴御前:玉三郎/蒲冠者範頼:歌六/清水冠者義高:錦之助/女鯰若菜:七之助/茶後見:團子/手塚太郎:弘太郎/紅梅姫:梅丸/家老根井行親:橘三郎/局唐糸:笑也/成田五郎:男女蔵/轟坊震斎:又五郎/舞台番辰次:吉右衛門

鶴ケ岡八幡宮の華やかな舞台装置。そこに居並ぶのは、敵役、善人の立役、赤姫、鯰坊主の道化方、女鯰、赤ら顔に赤い太鼓腹のお兄さんたち等々。衣装も色とりどりで、これぞ歌舞伎といわんばかりの色彩美。長唄三味線もきこえてきて、ようやく正月気分復活。

そしてなんと言っても巴御前の玉三郎さん!花道から出てくるときも、敵をなぎ倒すときも、女鯰に説得されるときも、見得を切るとき太刀を構えながら左上を仰ぎ見る表情も、とにかくかわいい。美女というより、女の子。仕草一つ一つに恥じらいがあり愛らしい。こんな玉三郎さんを間近で見られて幸せ。ただ、巴御前は「しばらくぅー」をはじめとして結構声を張り上げなきゃいけなくて、それがちょっと辛そうだった。

歌六さんの範頼はさすがの存在感。「なまずに去んではこの胸が」の又五郎さんの鯰坊主、安定した道化役。七之助の女鯰若菜、橙をポイントにした黒い着物がきれい。風格あり。巴御前に揚幕の向こうに帰ってと説得するときのテンポよい軽口が楽しかった。いつか七之助の巴御前役が見られるかな、と少々期待。男女蔵の成田五郎の口跡は、左團次さんを彷彿とさせる。左團次さんも後見で出演されていたらしいが気づかず。梅丸の紅梅姫、きりっとした眉と表情が気の強いお姫様らしい。茶後見の團子ちゃん、はじめてお目見えしました。巴御前にお茶を含ませて台詞もなくすぐ引っ込んでしまったけど。あと、この日は赤い太鼓腹のお兄さんの一人が一番上の羽織を脱ぐのに失敗して会場に緊張が走った。

立ち廻りも終わり、巴御前以外引っ込んだ後、舞台番の登場。青山播磨に全力投球したに違いなく、ここではやや抑え気味モードの吉右衛門様。でも巴御前に六法を教えるやり取りは楽しいし、最後に太刀を置いていった巴御前を追っかけてスタコラ走る姿がかわいい。玉三郎と吉右衛門の組み合わせで他のお芝居を見てみたい。

色鮮やかな舞台に玉三郎の美しさ、正月らしさを満喫できた女暫でした。

三、猿翁十種の内 黒塚
老女岩手実は安達原の鬼女:猿之助/山伏大和坊:門之助/強力太郎吾:寿猿/山伏讃岐坊:男女蔵/阿闍梨祐慶:勘九郎

猿之助が圧巻。なんと表現したらよいのか分からない。老女の時点で十分おどろおどろしい。三日月の下、すすきの中を踊るときに浮かべてた笑みが目に焼きついて離れない。すごいモン見ちゃった。猿之助の踊りはすごいと聞いてはいたが、納得。

ちょいメモ備忘録20150106-02

勘九郎の気品ある阿闍梨、猿之助の老女に対抗するには清廉すぎるような。無理を承知で、菊五郎あたりにやってほしい。山伏は男女蔵さんの荒事っぽい山伏も良かったが、印象的なのは、門之助さんの山伏。動きが伸びやかで勢いがあり、迫力ある立ち廻りに。寿猿さんの強力、恐がる所作が舞を舞ってる。なんて軽やか。84歳なんて嘘でしょう。

いろいろ文句を言っていたけど、役者さんたちがこなれている番町皿屋敷、華やかな様式美の女暫、圧倒的な黒塚と、とても充実した三演目でした。とちり席だし、最高の初歌舞伎になりました。

00:46 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。