07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

壽初春大歌舞伎「金閣寺」「蜘蛛の拍子舞」「一本刀土俵入」

2015/01/24
昨日夜の部をみて、今日は昼の部。さすがにちょっと息切れ気味?

ちょいメモ備忘録20150124-08

一、祇園祭礼信仰記 金閣寺
松永大膳:染五郎 /雪姫:七之助/十河軍平:男女蔵/松永鬼藤太:廣太郎/狩野之介直信:笑也/慶寿院尼:門之助/此下東吉:勘九郎

雪舟が叱られて柱に縛られたとき涙でネズミの絵を描いたら、あまりに絵がうまくて、住職には本物のネズミが足元にいるように見えた、という伝記の逸話を小学生の頃呼んだのを思い出した。初見の演目、金閣寺です。

七之助の雪姫、桃色の着物がかわいい。前半舞台上手でのおさえ気味の演技が私的にはちょうどよい。健気さを見せつつ品がありしなやか。後半、桜の木に縛られてからは、結構おてんば雪姫で感情表現も元気すぎるような。桜が舞ってた、というより桜が大量に降ってた。 桜吹雪の中、力尽きて目を閉じて倒れこむ瞬間の雪姫、この上なく美しい。

染五郎の松永大膳、敵方武将らしい大きさと憎らしさと、染五郎らしい細やかさも併せもつ。金ピカ衣装が凄い。あと、最近吉右衛門に似て見えてしょうがない。勘九郎の此下東吉、前半の清廉なさわやか侍の役の方がお気に入り。今、若い正統派という役柄が一番似合うのは勘九郎だと思う。松永鬼藤太役の廣太郎、かなりドタバタしてたけど、 名題昇進の舞台だもの、頑張ってたことはよくわかった。まだまだこれから。

三姫のうちの一人雪姫を見ました。鎌倉三代記の時姫に続き二人目制覇。あとは本朝廿四孝の八重垣姫。初めて見るのは誰の八重垣姫か、楽しみ。

ちょいメモ備忘録20150124-05

二、蜘蛛の拍子舞 花山院空御所の場
白拍子妻菊実は葛城山女郎蜘蛛の精:玉三郎/渡辺綱:勘九郎/源頼光:七之助/坂田金時:染五郎

ついさっき見た雪姫の七之助が今度は源頼光役で登場。そのギャップに驚くうちにはじまった「蜘蛛の拍子舞」。見る前はこの演目が昼の部で正月らしさを味わう演目だと思っていたのだが、舞台上には紅葉の飾り。

前半、七之助の源頼光と勘九郎の渡辺綱が、玉三郎の白拍子をはさんで三人で踊る軽さが楽しい。玉三郎は赤い着物をまとい一見かわいいのだが、登場したとたん頼光を誘惑しはじめる妖しさも。途中、でっかい蜘蛛が出てきた。黒くてけっこうリアル。蜘蛛の着ぐるみ?を着て踊る人、うまかったと思う。そして蜘蛛とからむ猿四郎さんと弘太郎さんの踊り。迫力十分で見応えがあり。後半、白拍子が女郎蜘蛛の本性を表してからは、蜘蛛の糸がパッと華やかに宙を舞う。最後に染五郎の坂田金時が押し戻しで登場。線が太く、良い意味で人形のような動きをする、とても立派な金時でした。

若干寝おちしたのが残念。幕間のお寿司がいけなかった。

ちょいメモ備忘録20150124-03

三、一本刀土俵入
駒形茂兵衛:幸四郎/波一里儀十:歌六/船印彫師辰三郎:錦之助/船戸の弥八:由次郎/老船頭:錦吾/若船頭:宗之助/町人伊兵衛:廣太郎/庄屋の女房:歌江 /河岸山鬼一郎:桂三/堀下根吉:高麗蔵/清大工:友右衛門/お蔦:魁春

昔の庶民にとって娯楽といえば相撲と芝居だったのだろう。昨年横綱濡髪を演じた幸四郎の、横綱にはなれない茂兵衛を演ずる「一本刀土俵入 」。

前半、幸四郎の駒形茂兵衛のお相撲さん時代。 弱っちくて、お金がなくて、とにかくお腹をすかせた茂兵衛。こういうカッコよくない役が幸四郎は似合う。情けないけど憎めない。年がちゃんと若くみえたのはすごい。少なくとも夜の部の吉右衛門の青山播磨より、役相応の腹を空かせた若い力士だった。

その茂兵衛を助ける魁春のお蔦。いつもの赤いお目目のお化粧ではなく、魁春の役柄としては今まで私が見たことないタイプの役だったが、きっちりお蔦になっていた。面倒見がよさそうな女性。お茶を飲む手つきが粋でかっこいいこと!あの手つきだけでも一見の価値あり。話のキーとなる小原節のうたが少々微妙なのはご愛嬌。

後半、老船頭の錦吾さんと若船頭の宗之助がイイコンビ。毎日真面目に仕事をこなすのが目に浮かぶ。そして登場する博打打になった幸四郎の茂兵衛。年月が経ち凄みのある人物に変貌を遂げたという設定は知っているが、変わりすぎ。前半の役と茂兵衛と後半の茂兵衛が結びつかなかった。他方、魁春のお蔦も、粋な感じは消え去り普通の奥さんへと変貌。こちらも結びつかなかったのだが、元は酌婦だし、奥さんになるとこういうもんかもと思ったりして。

お蔦の旦那、錦之助は頼りない役がはまりまくり。 二人の息子の子役くん、小原節がとてもうまく感心した。歌六の儀十、博徒の親分らしさ全開、でもあっさり茂兵衛にやられて拍子抜け。高麗蔵さんの堀下根吉、前があいた着物の着こなしが色っぽい。小山三さんの出演を楽しみにしていたが、休演で残念。

ラスト、茂兵衛の「しがねえ姿の、横綱の土俵入りでござんす」というセリフもばっちり堪能。幸四郎、涙を流し相変わらずの大熱演でした。

ちょいメモ備忘録20150124-04

昼の部を観劇し、お正月の歌舞伎はこれで〆です。今年だけですでに5公演見ている。どこまで続く歌舞伎熱。

23:50 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。