10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

関東ふれあいの道 東京 1.湖のみち

2015/05/05
その存在を知ってから早3年。2015年連休、ようやく関東ふれあいの道東京都コースを歩くことに。一番所要時間が短い「歴史の道」から始める事も考えたが、順番にこだわろうという事になり、1番目とされる「湖のみち」から。トレッキングシューズをはり切って夫婦で購入。Tシャツに七分袖シャツを羽織り、下はジャージ、20年前のスキー用靴下といういでたち。

前の晩は遠足前の小学生のようになかなか眠れず午前2時半就寝、朝5時起床、弁当作り。6時に家を出発、JRで新宿駅へ。6時40分、京王線新宿駅発。7時23分北野駅下車、7時24分乗換、そして7時37分京王線高尾山口駅着。駅はすごい人!この人たち全員「湖のみち」に行ったらどうしよう、などと思いながらトレッキングシューズの紐を縛り直し、準備運動。駅でお客さんのお迎えをしている料亭の方に方向を確認し、8時に高尾山口駅を出発。コーススタート地点を通るバスがあるが、本数が少ないので徒歩で。

8時20分、駅から20分ほど歩いたところに梅の木平バス停を発見。
ちょいメモ備忘録20150503-01

そしてこちらが「関東ふれあいの道」入口。8時25分。いよいよ出発。
ちょいメモ備忘録20150503-02

すぐに林道。うぐいすのホーホケキョ、それ以外にもいろんな鳥のさえずりが聞こえ、一気に別世界。比較的平坦な道を淡々と歩く。まだまだ余裕。
ちょいメモ備忘録20150503-03

途中、高尾グリーンセンターを通過。バーベキューしてる人もいてのどかだね。

9時10分、三沢峠着。初の撮影ポイント!本当にここが撮影ポイントなのか若干迷いながら撮影。逃すとまた来ないといけないから…(小冊子には指導標と案内板が撮影ポイントとある。が、よく読まずにその間の石碑の前で撮影してしまった。はてさて)。少し休憩し、9時20分に出発。

このへんは東京都と神奈川県の境目。津久井湖が見え隠れ。木立が生い茂り、「湖のみち」だけどあんまり湖が見えない。
ちょいメモ備忘録20150503-14

10時 中沢山手前、見晴台のある休憩所のベンチで一休み。明治アーモンドチョコをほおばる。10時5分出発。
ちょいメモ備忘録20150503-11

随所に咲くヤマツツジ。
ちょいメモ備忘録20150503-10

しかし、ここに至るまでほとんど人とすれ違わない。高尾山口駅にいた人は、みんなそのまま高尾山に向かったようだ。そして多少すれ違うのは皆向こうから来る人ばかり。追い抜かれることはほとんどない。もしかして梅の木平から「湖のみち」コースを行く人は、極端に少ないのか?
ちょいメモ備忘録20150503-12

10時40分大洞山に到着。2つ目の撮影ポイント。写真を見るとすでに私の顔に疲労の色が。まだ元気だったと思うのだが。でも二手に分かれている道では、なだらかな「まきみち」を必ず選んで登る。
ちょいメモ備忘録20150503-04

いったん普通の道に出て、大垂水峠へ。高尾山口バス停とつながっている20号線、甲州街道とつながっている。
ちょいメモ備忘録20150503-13

ハイキング終盤、分岐して徐々に道が険しくなる。小仏城山山頂までの道はさすがにしんどく、心臓がバクバクいってた。とにかく歩幅を狭く、足を留めることなく、休まずに一歩一歩上る。同じ道をランニングしている人が何人もいることに驚愕。トレイルランニング。

そして11時45分、小仏城山到着!
ちょいメモ備忘録20150503-06

ちょいメモ備忘録20150503-08

待ちに待ったお昼ご飯。城山茶屋で注文したなめこ汁がお腹に染み渡る。でっかいなめこ。お握りはおかか、ゆかり、たらこ。ゆで卵2個とウインナ。山で食べるお握りって世界で一番美味しいお握り。
ちょいメモ備忘録20150503-09

茶屋はそれなりの混雑。でもちょっと待てばすぐに座れる程度。高尾山方面と言えど、このへんはさほど混雑してない。
ちょいメモ備忘録20150503-07

12時40分に茶屋を出発。ここで膝に激痛が。上りの段階ではちょっとやばいかも、という程度だったのだが、下りではロボコップのように、ギッコ、ギッコと下ることに。急な下りでは軽く悲鳴をあげていた。膝を変にかばい足首をひねりそう。トレッキングシューズでなければ本当にひねっていたかも。

ちょいメモ備忘録20150503-05

13時20分、高尾山山頂着。いやあ、すごい人。芋洗い状態とはこのこと。座る場所もなく、押し合いへし合い、人が狭い空間にひしめき合う状態。トイレもお店もすごい行列。読書に励む人、カードゲームを楽しむ人等々。とてもじゃないが山頂を楽しむ気になれず、登頂後すぐに下山開始。13時25分。山頂と駅を結ぶ7つのコースのうち一番人が少なそうな、最も難易度の高い「稲荷山コース」を選択。さすがに他の道より人は少なかったと思う。高尾山口駅直前以外は、ほぼ止まらずに進むことができた。私はといえば、上り道は問題ないのだが、下るとき膝に負担がかかり、ひいひい言いながら下ってた。

途中若干の休憩をはさみ、14時30分に高尾山口駅着。比較的すぐ京王線が到着し、16時には新宿駅に到着。帰りにスーパーでコロッケ、サラダ等のお惣菜とビールを買って、夕飯で乾杯。

関東ふれあいの道「湖のみち」は山登りというよりハイキングコース。さほど急な道もなく、気軽に楽しめるので日帰りにちょうどいい。人があまりおらず静かな山道を楽しめた(人気ないのか!?)。荷物は必要最低限しか持参しなかったが十分だった。ただ、スポーツ飲料を思った以上に消費したので、次回はお茶とスポーツ飲料、1人1本ずつ準備したい。あとは膝!膝をなんとかしないと今後どのコースも行けないかも。帰宅後、膝防備のためにしていたサポーター周辺が赤くかぶれたのもショックだった。筋トレ頑張ろう。

<モデル行程>
梅の木平バス停(50分)→三沢峠(25分+30分)→大洞山(30分+1時間)→小仏城山(1時間)→高尾山山頂(1時間30分)→高尾山口バス停

<実際の行程>
梅の木平バス停(50分)→三沢峠(40分+35分)→大洞山(1時間5分)→小仏城山着。
小仏城山発(40分)→高尾山山頂(1時間10分)→高尾山口駅

<時刻>
梅の木平バス停発(8時20分)→三沢峠着(9時10分)、三沢峠発(9時20分)→中沢峠手前見晴台着(10時)、中沢峠手前見晴台発(10時5分)→大洞山着(10時40分)→小仏城山着(11時45分)。
小仏城山発(12時40分)→高尾山山頂着(13時20分)、高尾山山頂発(13時25分)→高尾山口駅着(14時30分)。

13:40 山歩き | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
とりあえず良いスタートを切りましたね。お疲れ様♪
いや~読んでいて懐かしい。大垂水峠から城山へののぼりがきついんだよね。でもその分山頂で食べるお昼がおいしい!世界一おいしいおむすびとは全く同感だ!!
関東ふれあいの道ってあまり知られていないのかもしれないね、もったいないわ。すごくいいコースばかりなのに。でも人の少なさもいい点だからこのままひっそりと知る人ぞ知るであったほうが嬉しいかもしれないね。
No title
ちえちゃんのおかげでふれあいデビューできました。ありがとうね。大垂水峠からのキツサを分かってもらえてうれしい。
他のコースの詳細を改めてちえちゃんの記事で読み、良いコースがいっぱいあることを知り、早く次に行きたくてたまらない。もっとみんな行けばいいのにと思うけど、でも自分が行くときは人が少ないといいな、と贅沢なことを考えたりして。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。