08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

新橋演舞場 「阿弖流為」

2015/07/21
阿弖流為
阿弖流為:染五郎/坂上田村麻呂利仁:勘九郎/立烏帽子、鈴鹿:七之助/阿毛斗:新悟/飛連通:廣太郎/翔連通:鶴松/佐渡馬黒縄:橘太郎/無碍随鏡:宗之助/蛮甲:亀蔵/御霊御前:萬次郎/藤原稀継:彌十郎

ちょいメモ備忘録20150719-01

行ってきました、「阿弖流為」。劇団新感線で上演された作品だそうで、場面展開、照明、音楽の使い方等、完成度はすでに高い。その分歌舞伎の要素は非常にうすい。第一幕で高麗屋と中村屋が見得を切ったくらいか。

一番印象的だったのは七之助。女にしか見えん。女性度は歌舞伎の女形以上かも。鈴鹿役では健気な女性。立烏帽子で正体を現したあとの妖艶っぷりもイイ。殺陣はキレっキレ。着物でなく長ドレスでの立ち回りでかっこよさ倍増。「主役は君だ亜弓くん」ってな感じで全部もっていった感。

坂上田村麻呂(勘九郎)の殺陣もスピード感があって良かった。お役人田村麻呂の人間味が垣間見れる。長いドレッドヘアを束ねた阿弖流為(染五郎)。新感線に慣れているからか、ラマンチャの息子だからか、一番現代劇のに舞台慣れしている印象。青の衣装も似合っていたし、現代語の台詞も聞き取りやすく、かっこいい阿弖流為。

御霊御前(萬次郎さん)は淡谷のり子に似てた(@Nちゃん)ーそうかな?そうかも。赤く光るドレスに、宇宙人みたいに結い上げた白髪が麗しい。ニョロニョロ動く蛇でも背負ってそう。言葉の端々に執念が感じられ、最強。藤原稀継(彌十郎)は最初善人キャラだと思ったのが悪人に。もうちょっとインパクトがほしい。巫女の阿毛斗(新悟)、妖艶の一歩手前で抑えた、控えめな存在。でも真摯に責任を果たす颯然とした女性像が良かった。蛮甲(亀蔵)、笑わせてくれる美味しい役。ビーバップスクールに出てくるはったりばかりかますモヒカン少年みたい。相方熊子との再会、別れの場面、意外にも泣けた。

寝不足だったので少しうとうと。でも目が覚めるたびに殺陣だったので十分話についていけた。それだけ殺陣が多かったってこと。

ラスト、劇場入場の際渡されたリストバンドが蒼い光りを放つ。観客みんなで蝦夷の空を彩り、カーテンコール3回くらい?華やかに幕。

歌舞伎ばかり見ているので、新鮮だった。

10:26 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。