07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- スポンサー広告

「赤江瀑の「平成」歌舞伎入門」

2015/10/20
四〇〇年の時を超えて、いまなお伝統芸能の頂点に燦然と輝く歌舞伎。平成の世を迎えて、一気に華やぎを放射するその魅力の正体を、確かな審美眼で独自の美学を紡ぎつづける作家・赤江瀑が説き明かす((「BOOK」データベースより))。

赤江瀑の「平成」歌舞伎入門 学研新書

筆者の指摘する平成歌舞伎における問題点は、役者の力が分散していること、そして指導者がいないこと。以前は指導者の役割を六世中村歌右衛門、松竹永山武臣氏果たしていたが、現在それに代わる人がいないとのこと。だが、なぜこれがそれほどまで問題なのかよく分からなかった。各俳優の説明は良かった。

07:41 歌舞伎本 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。