09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

歌舞伎名作撰 「天衣粉上野初花 河内山」

2015/12/04
「天衣粉上野初花 河内山」
河内山宗俊…中村吉右衛門▽松江出雲守…中村梅玉▽和泉屋清兵衛…中村又五郎(先代)▽高木小左衛門…市川左團次▽北村大膳…坂東弥十郎▽浪路…片岡孝太郎▽宮崎数馬…市川染五郎

歌舞伎名作撰 天衣粉上野初花 河内山 [DVD]

図書館に吉右衛門の「河内山」があったのでDVD鑑賞。1999年1月歌舞伎座で収録。吉右衛門の河内山宗春、当たり前だけど先月の海老蔵の河内山宗春とは全然違った。

海老蔵の宗春は、橙の袈裟を着て僧の姿をしていても、本物の僧のよう。といっても生臭坊主。金や権力が大好きな、実際にいそうな坊さん。

吉右衛門の宗春は、ならず者が袈裟を着ているだけなのが瞬時にわかる。ふてぶてしくて、悪者なのに懐の大きさがあって、呵々大笑する姿になぜか気分爽快。

台詞が多い芝居だけど、宗春と質店や松江候お屋敷での流れるような駆け引きはもう芸術品。役者さん一人ひとりの台詞回しが絶品。そしてラスト、花道での「ばーかーめ!」が耳にこだまする。常識にとらわれ縮こまって生きる世間を小さい小さいと吹き飛ばす小気味の良さ。

松江出雲守(梅玉)、美しい。先月も同じ役で出演していたのだがDVDの方が、役にはまっていた。化粧、口跡が違うせいか、松江候の懐の小ささが良く出ていた。今はすっきりした二枚目という役どころが多いからか、この役が合わなくなっているのかも。

浪路(孝太郎)、今の孝太郎にはない可憐さ。北村大膳(弥十郎)、若い~。和泉屋清兵衛(又五郎)、先代又五郎さんの品のよさ、誰にも真似できない。

すごくよかった! 「ばーかーめ!」、生でききたい。

08:45 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示