09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

国立劇場「今様三番三」「『隅田春妓女容性 ―御存梅の由兵衛―」

2017/12/26
?12月23日(土)、国立劇場へ。切符を融通してくださったYさんに感謝。

ちょいメモ備忘録20171223-06

ちょいメモ備忘録20171223-04

一、今様三番三
曽我二の宮:雀右衛門/佐々木小太郎行氏:歌昇/結城三郎貞光:種之助

芝雀さんが雀右衛門さんになってから初お目見え。名前が変わり芝雀さんより一段上の風格。曽我二の宮(雀右衛門)を追い詰める佐々木小太郎行氏(歌昇)と結城三郎貞光(種之助)。二人が雀右衛門さんの踊りを支える成長ぶりに感動。

ラスト、曽我二の宮の桃、佐々木小太郎の黒、結城三郎の茶、軍平たちの黄、背景に紅白うち混ぜの釣り枝、遠見の箱根権現、芦ノ湖と富士の山の青。歌舞伎ならではの色彩にほれぼれ。

ちょいメモ備忘録20171223-03

二、隅田春妓女容性―御存梅の由兵衛―
梅の由兵衛:吉右衛門/源兵衛堀の源兵衛:歌六/土手のどび六:又五郎/由兵衛の女房・小梅・丁稚長吉:菊之助/延紙長五郎:歌昇/芸者小糸:種之助/米屋娘お君:米吉/医者三里久庵:吉之丞/米屋佐治兵衛:橘三郎/曽根伴五郎:桂三/金谷金五郎:錦之助/額の小三:雀右衛門/信楽勘十郎:東蔵

ちょいメモ備忘録20171223-05

江戸の男伊達、侠客として描かれる梅の由兵衛。義侠心に富む由兵衛(吉右衛門)の侠客ぶりを堪能する演目。

吉右衛門、身体の大きさをフルに生かし、由兵衛の立ち回りでの身のこなし、義弟を殺し苦悩する姿等、どの場面でも侠客由兵衛の男ぶりを全身で表現。「大きいことは良いことだ」というキャッチコピーが頭の中を回る。

一番の見どころは「橋本座敷」での由兵衛の啖呵を切る姿でしょう。紫の頭巾をとり両肌脱ぎ、怒りを身体にたぎらせた瞬間の豪快な男ぶり。着物の裾をまくり上げ尻端折りになって赤と白の襦袢から見える足がかっこいい。

由兵衛の女房・小梅(菊之助)、豊満な色気のある酸いも甘いも噛み分け芸者あがり、気っ風の良さそうな姉さん。色々な恋愛を渡り歩き惚れあって互いに行き着いたに違いないお似合いの夫婦。吉右衛門と菊之助、とてもお似合いの二人だった。もっと早くに組めれば最強のコンビになれたかもと思ってしまう。

長吉(菊之助・二役)で早変わりを楽しむ。信楽勘十郎(東蔵)、源兵衛(歌六)、土手のどび六(又五郎)、盤石の布陣。金五郎(錦之助)、優男なだけでなく喧嘩が好きな奔放キャラなところがイイ。小三(雀右衛門)とのカップルはあまりしっくりこなかった。

長五郎(歌昇)、難しい役だと思う。ほっぺたおてもやんの一人おかしみのある役。お金を探す場面でお尻フリフリしたり真面目な歌昇が頑張った感。お君(中村米吉)、まだ世間知らずな娘の好き好き大好きの娘役。米吉のこういうキャラ、さらに磨きがかかっていた。小糸(種之助)、女形だったのでびっくり。又五郎さんに似ているのに可愛いかった。小柄なので女形も十分いけると思う。久庵(吉之丞) 、軽薄で女好き。ちょび髭が似合う。

ところで由兵衛紫の頭巾、男伊達を象徴するものらしいがいまいちピンとこなかったのは私だけ?あと、由兵衛は「ならぬ堪忍するが堪忍」と言っていたものの義弟を殺してしまう。が、決して短気で殺したのでなく、のっぴきならない状況に追い込まれての殺し。だから「堪忍」できなかったわけではないのにと思ったが違うの?

それはともかく、久しぶりの吉右衛門丈、堪能しました。あの「橋本座敷」の場面だけでも私にとってはお釣りがきます。

ちょいメモ備忘録20171223-07

00:01 鑑賞記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示